スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 震災遺児支援を行っている団体

2011-05-27

前回の記事でも、わたし生きていくわ
震災後、被災地の子どもたちに伝えよう!と仲間と作った
壁新聞おひさまからの手紙に関連して、
震災遺児支援を行っている団体を探してみました。

桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金
育英会事務局(電)06・6371・2227
建築家の安藤忠雄氏や、ノーベル賞受賞の小柴昌俊氏、ユニクロ創業者の柳井正氏、指揮者の小澤征爾氏らが発起人。
会見の様子がニュースでも取り上げられていましたね。
「どんなに苦しい状況でも、物事を投げ出しちゃいけない。あきらめないでほしい」と言われた小柴氏のお言葉が印象にのこりました。

あしなが育英会

ハタチ基金 

福島県相馬市震災孤児等支援金

いわて復興エイド基金

赤毛のアン募金2011052611410000.jpg
先日、この赤毛のアン募金に協力させていただきました。
アンのように明るくひたむきに前をむいて歩んでほしいと心から願っています。
募金の方法は、現金募金とステッカー募金の2種類。
ステッカーは3枚1000円で1口となっています。
現金とステッカーとを組み合わせて募金することも可能です。


おひさまからの手紙は、第2号ができあがりまして、お届けしていこうとしているところです。
第一号は、宮城県の児童館や病院、避難所などに郵送、川崎市の避難所にもお届けをし、いくつかのところからお返事をいただきました。
引き続き、被災されたお子様たちに読んでいただきたいと思っておりますので、
児童館、避難所など、子どもたちの手に届くところをご存じでしたら、情報をおよせください。
こちらまでお願いします。
おひさまからの手紙  ohisamakara@gmail.com
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。