スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 5月にヒメと読んだ本(7才10カ月)

2011-06-07

平年よりも早く突入した梅雨ですが、湿度がそれほど高くはないのでしょうか。
まだ過ごしやすいですね。
とはいえ、体調も崩しやすい時。
心と体のバランスを保ちながら・・一歩一歩。

では、今月もヒメと読んだ本を、記録がてらご紹介します。
『うちのパパが世界でいちばん!』  (ハリエット・ジィーフェルト/文 アマンダ・ハーレイ/絵 きむらゆういち/訳)
『ますだくんの一ねんせい日記』  (武田美穂/作・絵)
『おおきなカエルディダリク』  (加藤チャコ/再話・絵)
『ふしぎなエレベーター』  (パウル・マール/文 ニコラウス・ハイデルバッハ/絵 関口裕昭/訳)
『りんごのき』(エドアルド・ペチシカ/文 ヘレナ・ズマトリーコバー/絵 うちだりさこ/訳)
『ほしになったりゅうのきば』  (君島久子/再話 赤羽末吉/画)
『はるにれ』  (姉崎一馬/写真)
『たけのこほり』  (浜田桂子/作)
『やさしいライオン』  (やなせたかし/作)
『さんねんねたろう』  (こわせたまみ/文 清水耕蔵/絵)
『リーリーとシンシン』  (中国パンダ保護研究センター/編著 日本パンダ保護協会/編著)
『ころころパンダ』  (宮川ひろ/作 こみねゆら/絵)
『ジオジオのかんむり』  (岸田衿子/作 中谷千代子/絵)
『ほたるホテル』(カズコ・G・ストーン/作)
『新幹線のたび』 (コヤマスカン/作)
『よーいどんけついっとうしょう』 (梅田俊作・佳子/作)
『大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる』  (プロイスラー/作 中村浩三/訳)


ようやく読み終えた『大どろぼうホッツェンプロッツ』シリーズ。
就寝前の読み聞かせをしているけれど、ヒメの睡魔が激しく襲いかかる日が多く、ちょっとずつ読んでいった結果、3か月以上かかってシリーズ完読。
「また読みたくなったら、お話しの内容がわかっているし、今度は一人で読めるね。」というと、「おもしろいけどやっぱり怖いし、一人じゃ読みたくない」んですって。

北京でパンダを見てきたことをきっかけに、パンダの絵本も。上野動物園にやってきた「リーリー」と「シンシン」の生態を追った写真絵本は、とても愛らしいです。まだ上野は混んでいるかなあ?
大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (3))リーリーとシンシンうちのパパが世界でいちばん!―パパのつかいかた33新幹線のたび ~はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断~ (講談社の創作絵本)やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)ますだくんの1ねんせい日記 (えほんとなかよし)ほたるホテル―やなぎむらのおはなし(こどものとも絵本)よーい どんけつ いっとうしょう (えほん・ワンダーランド (2))
ブログパーツ
関連記事

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。