スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おだんごぱん

2006-03-24

おだんごぱん  ロシア民話 瀬田貞二/訳 脇田和/絵
おだんごぱん―ロシア民話おだんごぱん―ロシア民話
瀬田 貞二 脇田 和

福音館書店 1966-01
売り上げランキング : 43,492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>ロシアの昔話絵本。おばあさんが粉箱の粉を集めて作ったパンが、窓で冷やされている間に、ころころ逃げ出します。途中いろんな動物に出会い食べられそうになるたびに・・・
ぼくはてんかの おだんごぱん 
ぼくはこなばこ ごしごしかいて 
あつめてとって それにクリームたっぷりまぜて 
バターでやいて それからまどでひやされた 
けれどもぼくは おじいさんからも おばあさんからも
にげだしたのさ おまえなんかに つかまるかい


と、歌います。
最後に出会ったキツネは、おだんごぱんをおだてて歌を歌わせます。褒められて気分のいいおだんごぱん。キツネはさらに、もっと近くで歌って欲しいと鼻の上に、さらには舌の上で歌わせようと・・

<初めて読んだ2才2ヶ月当時のヒメの反応>おだんごぱんが歌う場面で、私が適当な節をつけて歌うと、おもむろに立ち上がってくるくる回りはじめます(毎回必ず)。キツネが舌をぺろりと出し、パンが飛び上がる絵を真似するのも好きです。
 
<おすすめポイント>茶色と緑の地味な絵で、かわいらしさは全くない絵ですが、パンのなんともいえない生気をうしなったような表情や、歌を歌うときの小憎らしい表情、一方キツネに対しては上機嫌な様子など、粗いタッチの絵に見えますが印象に残ります。
また、動物が増えるたびに、「おじいさんからも おばあさんからも ○○からもにげだしたのさ」と歌のお終い部分が増えていく繰り返しや、キツネに食べられてしまう予想を裏切らない結末も読後に満足感を与えてくれます。

<まつりかの感想>
先日、福音館書店相談役の松居直氏のお話を聞く機会がありました。そこで「瀬田貞二」さんの用いる日本語の素晴らしさについてのお話がありました。彼の文章は、耳に残り、暗誦できるものが多い。その理由は、七五調や四四六六といったリズムが多く使われていることだそうです。そして、瀬田氏のすごいところは、そのリズムを自然に使うことだそうです。
この「おだんごぱん」の歌も確かに七五調が多く使われています
多くの子どもがこの節回しを覚えているといいます。そしてヒメのようにくるくる回り踊りたくなるのもわかります。
民話ですから、訳や絵が違う作品が他にも出されています(「パンはころころ」「ころころまるパン」など)。しかし、この本の素晴らしさの所以は、瀬田氏の流れるような日本語使いにあるのだろうと思います。
関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

おひさしです~
(*・ェ・*)ノ~☆コンニチワ♪
動物がたくさんでてくる本ですか?
それなら姫喜んで見そう~♪
最近風邪で姫に本読んでなかったんだけど(;´▽`A``
もうすぐお産で実家に変えるのでおばあちゃんに読んでもらいます(≧∇≦)
明日には実家に帰るので少しの間遊びに来られないですが(;ェ;`)
産まれて落ち着いたらまた遊びにきますね~♪v-222

先日はお花の注文ありがとうございました。
暖かい日が続きそちらは桜も咲いているでしょうね。
姫の大好きな動物がいっぱい出てる絵本。
わくわくする顔が浮かんできます。
最近忙しくなかなかお話もできませんが
またゆっくり・・・

こんにちは。絵本を読むと、くるくる回るお嬢さん、とってもかわいいですねi-179

図書館で見かけたことがあったのですが、、この絵本の挿絵を描いてたのが脇田和先生だったとは、改めてしりました。たしかにおっしゃるとおり、地味な絵ですね。でもなんだか印象に残る、不思議な絵かも。こんどちゃんと読んでみますね。

まりあさん
いよいよ出産ですね。
いろいろあったけどがんばって!
また遊びにきてください。

mocoさん
そうですね。
またゆっくり落ち着いたらお話しましょう

RAMAママさん
わたしは脇田さんの他の作品をしらないんですよ。
これを機に読んでみたいと思います。表紙のおだんごぱんの絵・・いかにも今から何かしでかしそうな顔です。

この絵本、この間本屋さんでみました!!
気になってたんですよね~。
今度はしっかりみてみます。

リンクさせていただきました。
今後とも参考にさせていただきます★
よろしくお願いします~。

mayukoさん
ぜひごらんください。まだ一才のGenちゃんには早いと思いますが、わかるようになってきたらぜひ楽しんでもらえるとおもいます。
わたしもリンクさせてもらいました。よろしくお願いします

まつりかさん、こんにちは^^
この絵本、読んでみたかったんですよ。
もう、読みたい本だらけなんですけどね(笑)
動物が出てくるおはなしは、娘も私も大好きです。
それに、とてもテンポのよさそうな文なのですね。
最近は、こういう色が地味な絵にも、とても魅かれる
ものかあります。
近いうち是非、読んでみようと思います。

はらぺーにょさん
絵のかわいらしさとか派手さとかって子どもには関係ないみたいですね。
昔話なんでわかりやすい内容ですし、おすすめです。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。