スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 めぐろのさんま

2011-09-17

めぐろのさんま  川端誠/作
めぐろのさんま (落語絵本)めぐろのさんま (落語絵本)
川端 誠

クレヨンハウス 2001-12
売り上げランキング : 18388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ここは江戸、ところは目黒です。
殿さまをせんとうに 野がけの一行が、やってまいりました。
ちょうどおひるどき、ただよってくる、いいにおいに
殿さまは、はなをピクピク。

農家でさんまを焼いているにおいだと聞いて、殿さまは、食べたて見たくてたまらない。

「さんまは、町人のたべる下魚にございます。
とても、お殿さまのお口にはいるものではございません。」


しかし、殿さまは農家に行って食べさせてもらい、そのおいしさに夢中。
家来たちは、下魚をお殿さまが食べたことがお城に知られるとまずいというので、
このことは内緒にしてくださるようにと、お殿さまにお願いを。

お殿さまが食べる魚といえば、いつも鯛。
しかも、お毒見役が焼き立てを食べて、2時間そのままにしていてどうもなければ
お殿さまが口にできるとあって、
すっかり冷え切った鯛の焼きざましを食べているから、目黒で食べたさんまがより恋しい。

さて、ある日親戚に呼ばれて外に出ることになったお殿さま。
なんでも好きなものを召しあがって・・といわれ、迷いなくさんまをリクエスト。
出てきたさんまは、三枚におろして、蒸して、骨をぬいて、すりばちですって、おだんごにした、つみれ汁。

いったいどこで取り寄せたさんまなのかと、お殿さまが尋ねると
「銚子の本場ものでございます」
「なに、ちょうし!? だからまずいのだ。さんまはな、目黒にかぎる!」


<はじめて読んだ7才0ヶ月のヒメの反応>
「ふ~ん、おもしろい」・・と、いうときのヒメは、よくわかっていない時。
ちょっと難しかったかな。


<おすすめポイント>
世間知らずのお殿さまの、おとぼけぶりが伝わってくる絵。
落語なので、対話の場面になると、声色を変えるなどしないと聞き手には話が伝わりにくいかもしれません。
絵には、ナデシコ、キキョウ、ススキなどの植物が、表紙にも秋の味覚がたくさん描かれていて、初秋におすすめのお話し。

<現在8才2ヶ月のヒメの反応>
知ったかぶりをしても、空振りに終わってしまっている面白さを、ちょっとは感じられたようです。

<まつりかの感想>
9月4日(日)に行われた、目黒のさんま祭りに行ってきました。013_convert_20110918110443.jpg
以前から一度は行ってみたかったこのお祭り・・・
今年は、被災した宮古からのサンマ6000匹と、徳島の10000個のすだち、栃木の500本の辛味大根が提供されました。
ちょうどお昼時、目黒の駅前に降り立つと、さんまを焼くいいにおいが・・・
誘われるように列の最後尾を求めて歩くと、えっ?えっ?えっ?まだまだまだ・・・
1キロ以上の列。
せっかく来たけど、やめようか・・という夫と私に、ヒメが「あきらめるの?並んでもないのにあきらめたらダメでしょ」と強い口調でいうもんですから。
親のメンツもあるので、並んで見ました。

気づくと3時間。
13時から並んで、食べたのは16時ですよ。
とくに、もう煙がもくもくしているのが目の前にあるというラスト1時間が辛かった。

みんなおなかもすいてきたし、我慢の限界に達してきたんでしょう。
お孫さん連れのおばあちゃんは、孫たちに「わたしサンマなんか別に食べたくない。コンビニで買って食べようよ」と言われ、しばらくは優しい口調でなだめていたのに、おばあちゃんもイライラしたんでしょう「じゃあ、あんたたちだけで帰りなさい!」ってどなり始め、孫はオロオロ。

楽しげに会話をしていた、ういういしいカップルは、会話がなくなってきたと思ったら彼女が「もうどうでもよくなってきた。サンマはあなただけ食べてね。」なんて言い始めるし。

あちこちで人間の本性を垣間見ながらも、我が家もすっかり無口に。

ところが、トレーとお箸をくばられて
「はい、どうぞお待たせしました!」の声で、炭焼きの前に並んで行ってからは大興奮。
トレーにサンマ、前に進んでスダチと、大根おろし、べったら漬けをのせてもらって、ゴール
醤油をジュ~とかけて、やわらかなサンマの身をほぐして一口。

ああ~、待ってよかった。
うまい!!
スーパーで150円くらいで売られているサンマ、昔は下魚といわれたサンマ。
油が炭におちて、焼かれたいいにおいの煙に誘われ、焼き立てを食べたお殿さまの気持ち。
それが忘れられない!というのもよ~くわかります。

さて、今日9月18日は、主催が違いますが目黒区民祭りとしての、さんま祭りが開催されます。
こちらも大勢の人でにぎわうことでしょうね。
ブログパーツ

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。ただいま、9月号を配布中です。
おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

あれとこれ

こんにちは

まつりかさんの持ちネタはさすが広いですね、川端さんの絵本は「うえきばちです」が好きで読んでいます

落語は「間」の取り方が参考になるし音だけで楽しめるので運転しながら聞いています、楽しいですよ

本日「絵本講師の本棚から」第二弾の原稿募集のチラシが届きました、今度はちゃんと立候補します、選ぶ絵本はもちろんあの絵本、この絵本に出会わなければ今日の絵本活動はありえない・・・あれです

No title

ふくちゃんさん
こんにちは。
落語って生で聞いたことがないのですよ。
この、さんままつりのときも、寄席が開催されていたんですが、さんまを食すための列に並んでいたら、寄席には並んでられず・・
結局この機会も逃してしまいました。

第2弾のお話しがきたんですね。
ほほ~楽しみにしております。
うん、あの絵本のことをね。
拝読するのを楽しみにしています。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。