スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 おでかけのまえに

2011-11-29

おでかけのまえに   筒井頼子/文  林明子/絵
おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)おでかけのまえに (福音館の幼児絵本)
筒井 頼子 林 明子

福音館書店 1981-10-20
売り上げランキング : 4939

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
晴れた日の日曜の朝、あやちゃんはピクニックに行く準備をします。
おかあさんはお弁当箱につめるおかずを、テーブルに並べていました。
つめてあげようと思いついた、あやちゃんですが、ぐちゃぐちゃに。
それを見たおかあさんは「まあ!」

おとうさんのところに行ったあやちゃん。
バッグが開いているのを見て、チャックをしめてあげようと思いますが、紐が飛び出ていて邪魔。
紐をひっぱってみると・・カバンの中身が全部出てしまいました。
お父さんはそれをみて、
「おやおや、あとは おとうさんがやろう。 あやこは きがえなさい。」

あやちゃんが一番好きなスカートに着替えさせてもらいました。
もっときれいにしてみようと思ったので、お化粧をしてみました。
「あらあら、あやちゃん・・・。」おかあさんは あやこの かおを たおるで ごしごし ふきました。

さらに、靴をはいたものの玄関で待っていられなかったあやちゃんは、外に飛び出てころんでしまいます。
せっかくの服は汚れて。

そして着替えて、ようやく出発です。

<はじめて読んだ2才7ヶ月のヒメの反応>
「あーあ」「よごれたね」、ヒメはあやちゃんの姿にいちいちコメントしていました。お化粧した顔でふりむく場面がとくに好きで、大笑い。

<おすすめポイント>
2~3歳児の子どものしぐさ、動作をよく表わしています。
ひとりでできるよ!やりたい!という子どもの気持ち。
それを尊重してあげても、やっぱり失敗して、結局二度手間になってしまうから手を出さないでもらいたいという親心。
親子双方の気持ちに、平等に寄り添った作品だと思います。

<現在8才4ヶ月のヒメの反応>
「この子、あとから妹ができるんだよね」とヒメ。
この主人公のあやこは、後に『いもうとのにゅういん』のモデルになるのだと思っているみたいです。

<まつりかの感想>
2、3歳のギャングのような時代って、私の発する言葉は「あぶない」「ダメ」「やめなさい」「もういいから」「いい加減にしなさい」のオンパレードだった気がします。
だけど、この本を読みながら、「あ~あ、やっちゃったねえ」と、あやちゃんの行動にヒメと笑っていたこと、同時にきっとあやこのパパもママも苦笑いしたり、ためいきついているんだろうなあ・・という背景を察して親目線で楽しんでいられたってことは、メタ認知を鍛えることになっていたのかも。
自分の育児をふりかえったりしながら、精神衛生をうまく保てるという意味でも、読み聞かせは貴重な時間だったのだと思えます。

しかし、実際は我が家の、おでかけの前は、なかなか穏やかに運ばない。
出ようとすると、誰かが忘れ物をしたり、準備が遅くなったりなんてことが重なると、次第に険悪なムードが漂ってきます。
「携帯持った?財布は?」と夫からしつこく聞かれることで、「持ってるって!」と、うるさそうに返答してしまったり。
しかしそんなやりとりが、子どもにとっていいモデルになるはずもなく。
「ハンカチは?ティッシュは?」という朝の玄関先での私の声掛けに、「持ってるって」と、ヒメから迷惑そうに返答されちゃうんです。
はあ~いまさらですが、普段の会話、言葉づかいには気をつけねばならないですね。
子は親の鏡ですわ

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
12月号、急ピッチで配布準備しています。
お届け希望の方は下記までメールくださいね。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この絵本、初めて読んだときは衝撃でした。
自分だったら、お出かけ前にこんなことされたら
笑顔でお出かけなんて絶対できない!と、
自分の育児をそうとう反省しました。

この絵本のおかげで、悪気無く「お手伝いしたい気持ち」
満載の時期を楽しむ、という視点がもてました。
講座でもそんな使い方したことあるわ。

絵本に教えられることって多いよね。

No title

たいなみさん
コメントをありがとう♪
この本を読んだ親は、誰もが「自分にはこうはできないよね」って思うかもしれないですよね。
「もしもわたしだったら・・」の、もしもバージョンでこの本を作るとしたら、すごいことになりそうです。
おてつだいしたい!の時期に、させてあげること、待つことって大切なんでしょうね。

No title

右に同じ人間です。(笑)

何年経ってもなかなかこの本のようにはいかず、読まされる度に自分が反省してます。(^^;)

もしや!反省しろと子供たちがいっているのか?!(笑)

No title

waka☆わかさん
コメントありがとうございます。
ほんとだね~、反省しろといわれているのかも(^^ゞ

おひさしぶりです☆

さいきん、心理療法家の河合隼雄さんの「子どもの本を読む」に感動して、児童文学に興味がフツフツと沸いてきました。(本のなかで紹介されている「ねずみ女房」が欲しくなってます^^)右にのせてる「たましいをゆさぶる絵本の世界」というのも面白そうだね。まつりかさんのブログ、いろいろ参考にさせてもらいますね♪

No title

y/modeさん
おひさしぶり~。
コメントを読んで、思わず本棚に眠っていた「子どもの本を読む」をとりだしてみたわ。
思い出させてくれてありがとう。もう一度ちゃんと読んでみよう。「つみつみニャー」についての印象が強くって。「ねずみ女房」についても書かれてあったんだね(^^ゞ。
「ねずみ女房」はつい自分に照らし合わせて考えてしまう。ねずみのように自己犠牲な行動はとるような性分でもないのですが。

No title

まつりかさんお誕生日おめでとうございます☆
素敵な1年が送れますように!

この本欲しくなりました~
まつりかさんのブログ見ると色んな絵本が欲しくなっちゃう!
小さな本棚が今溢れかえっていてどうしようか悩んでしまう。。。

相変わらず寝る前に2冊しか読んであげない私ですが、
だいぶ一緒に楽しめる内容になってきました。
こんな私でも「絵本に出来るだけ触れさせてあげたいな」って
意識して子育てできているのはまつりかさんのお陰です♪

今友達で、通園について悩んでいる人がいるので
まつりかさんに紹介していただいた「てのひら」を貸そうかな~なんて思っています。
叱ったりなだめたりより何より、一緒にあの絵本を読むことで「ママはあなたの気持分かってるよ。見守ってるよ。」って
伝えられそうですね!

No title

あーにゃさん
コメントありがとう。
ええ、また年を重ねてしまいました☆
夢ちん元気ですか?
絵本をただ読むだけで親子ともに感じるものがあるっていいよね。
絵本を手にしただけで、子どもとの時間が思い出されるような子育てをしていきたいなって私も思っています。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。