スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 サンタ・クロースからの手紙

2011-12-09

サンタ・クロースからの手紙  ベイリー・トールキン/編 せたていじ/訳
サンタ・クロースからの手紙 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)サンタ・クロースからの手紙 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
J.R.R.トールキン ベイリー・トールキン

評論社 1976-12
売り上げランキング : 204595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
J・R・R・トールキンが、サンタ・クロースになりかわって、4人の子どもたちに書き送った手紙。
1920年、長男が3歳のときから約20年にわたって送り続けたものです。
長男に、サンタのことを聞かれて、その答えとして自画像と住居を絵にして送ったのが始まりとのことで、
この本は、三男の夫人ペイリーが編集。
1925年から日付のない最終のもの(1939年か40年)までのクリスマスレターが集められています。

その手紙というのがとてもユーモラス。
ホッキョクグマが普段手伝ってくれていることや、1925歳と年をとっているので、手が震えて読みにくい文字しか書けないとか、飛行機や自動車にのっているサンタクロースの絵を見ても信じないこと、トナカイにしか乗らないんだと書いてあったり、雪のエルフや、ゴブリンという悪い奴の存在、ホッキョクグマの甥っ子が登場したり、イルベレスという秘書に代筆させたり、最後には、ホッキョクグマが自分で考え出したアルファベットを送ってきます。

最後に送られた手紙の末筆は・・
あんたがたも今年が最後で、来年からは もう くつしたを つることもなかろうと思う。
どうやらこれで「さようなら」をいわなければならないだろうね。
わしは あんた方を忘れやしないよ。わしは いつも 古いともだちの 名前を 忘れず、かれらの 手紙を とっておくのだ。
そして のちになって、かれらが大きくなり、それぞれの家と 子どもたちを持ったときに、また もどってきたいと 望んでいるのだよ・・・
Father Christmas


<まつりかの感想>
『ホビットの冒険』『指輪物語』の作者、トールキン。
彼がこんなに素敵な手紙を子どもたちに20年にもわたって送り続けていたということに感動しました。
トールキンが楽しんで書いている様子が目に浮かぶよう。
ちゃんと北極の切手が貼ってあって、封筒に雪のしみがついていたり、郵便やさんが持ってきたりすることもあったそうで。
しかも、子どもたちが書いた手紙はしらない間になくなっていたというから、その手紙の隠し場所にも神経をつかっていたんでしょうね。

2006年に出版されたという『ファーザー・クリスマス』は、絵本版未収録の書簡やイラスト、シロクマの手紙がのっています。美しい装丁。で、高い!というので、こちらは図書館で借りてみました。
読み応えたっぷりです。
ファーザー・クリスマス―サンタ・クロースからの手紙
ファーザー・クリスマス―サンタ・クロースからの手紙

私も、数年前からサンタクロースになりかわってヒメに手紙を書いています・・といっても、筆跡でばれてはならないので、パソコンを使って、イラストもフリーの素材から拝借してるだけなんですが。
それでも今年はちょっとためらうものが。
だって、ヒメはかなり疑っているんです。
どうも学校で断定的に「サンタクロースは家の人だ!」という子がいるようで。
今年はかなり手ごわいです・・・。
この時期のわたしの楽しみなんだから、こんなに早くに気づかないでほしいものです。あと数年!!

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
12月号を配布中です。
お届け希望の方は下記までメールくださいね。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです。^^

『サンタ・クロースからの手紙』♪
おっそろしく茶目っ気のある本ですね!
流石は『指輪物語』のトールキン。
ありえないほど、プロットが素晴らしすぎます。
想像に遊ぶって、こういうことを言うのでしょうね。

そしてまつりかさんも素敵~♪
サンタさんからの手紙を代筆ですね♪
確かに、リアリストの子どももいるから
年々厳しくなりますよね、こう言う類のこと。
でも、存在すると思う人には永遠にどんな妖精も
怪物も悪魔も神様も存在するってこと。
これは、真実だと思います。^^

No title

各務史さん
ごぶさたしています。
コメントありがとうございます☆
トールキンのセンスにあっぱれですよね。
しかも、20年間ですからね。
この時期になると、目に見えないものを信じることの大切さについて考えます。
「存在すると思う人には永遠にどんな妖精も
怪物も悪魔も神様も存在するってこと。
これは、真実だと思います。^^」・・の史さんの言葉、わたしも同感です。

No title

うふふ。手強い今年のクリスマス、どうなるんだろうね。私自身はいつわかったのか覚えてないなあ。

ところで、「エミリ・ディキンスン家のネズミ」って知ってる?お話もだけど、絵もさいこうで。(ひめちゃんにはまだはやいだろうけど、英文科女子にはぴったりなステキな本でした)「子供の本を読む」からは、「思い出のマーニー」も読んでみたいなと。つみつみニャーもたしかに衝撃だった!笑

No title

y/modeさん
返信がすっかりおそくなってしまいました。
コメントありがとう☆
クリスマスに何をもらうか・・はい、今、攻防してまっせ。
ついに「犬」といいはじめました。
サンタさんは生き物は持ってこないよ~・・と必死なわたし(^^ゞ

「エミリ・ディキンスン家のネズミ」って知らないわ。
教えてくれてありがとう。

>英文科女子にはぴったりなステキな本

おっと、そういえば、
アタクシ エイブンカ ソツギョウ シテマシタ ナ・・v-12

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。