スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ゆずちゃん

2012-01-19

ゆずちゃん  肥田美代子/文 石倉 欣二/絵
ゆずちゃん (えほんとなかよし)ゆずちゃん (えほんとなかよし)
肥田 美代子 石倉 欣二

ポプラ社 1995-05
売り上げランキング : 87276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ふうせんやさんになるのが夢だという、ゆずちゃん。
たいちは、ゆずちゃんと同じクラスで、隣の席。
ゆずちゃんに、いじわるをすることもあるけど、気になる存在。

ドーン、ゴォーッ
「じしんや!ふとん かぶっとれー!」
「たいちー!」
おとうちゃんと、おかあちゃんの どなる声。


阪神・淡路大震災で、命を失ってしまった、ゆずちゃんのお話。

<はじめて読んだ7才6ヶ月のヒメの反応>
涙、涙・・。「たいち」が地震を体験したことと、「ゆずちゃん」を回想する場面とが入り組む展開に一瞬とまどいながらも、読後は涙・・

<おすすめポイント>
ゆずちゃんは、風邪で5日休んでいた学校へ、明日は久しぶりに登校するはずだった。明日を待ちわびていたはずが、1995年1月17日、午前5時46分、淡路島を震源とした、最大震度7の地震により、ゆずちゃんは、家の下敷きになって亡くなった。ふうせんやさんになって、世界中の子どもに風船を配って、風船をうかばせてみんなを励ますのが夢だという、ゆずちゃん。

助かった「たいち」、亡くなってしまった「ゆずちゃん」。
震災によって、小さな命と夢が一瞬にして失われてしまった悲しみと、生き残ることができたものの決意が伝わります。
ラストページは、ゆずちゃんとのお別れの日に、風船を空に放す場面。
ゆずちゃん、ふうせんみえるか。」の言葉と、「たいち」が空を見上げる挿絵が印象的です。 

<現在8才6ヶ月のヒメの反応>
ゆずちゃんは、もう学校へけえへん。
きのうも、きょうも、あしたも、ずーっとけえへん。
ひゃくまんねん たっても、もう けえへんのやて。

「もう絶対生き返ることはないんだね。」と言いながら、涙を浮かべていました。

<まつりかの感想>
 当時、大阪で一人暮らしをしていた私も、この地震に遭いました。
 ドーンという強い振動、目が覚めてなにごとかと体を起こそうとした瞬間に、ベッドから振り落とされそうな揺れがきて、必死でシングルベッドにしがみついていました。
 しばらくして、電気が通じ、テレビをつけたときには、神戸市長田区の集落が燃えている様子が映っていました。時間がたつにつれて、甚大な被害があることを新聞やテレビで知りました。ところが、そこに暮らしていた人々の人生がどうなったかというところまで目をむける余裕が、当時の自分にはありませんでした。

 子どもが生まれ、絵本に関心を持つようになって、初めてこの本のことを知りました。
同時に、あの震災で亡くなられた、5500人余りの方ひとりひとりの無念さを、この絵本によって初めて実感したのかもしれません。

 先日、小学校の朝の読み聞かせで、4年生にこの本を読みました。読み終えると、すすり泣きが聞こえてきました。泣いていたのは、担任の女の先生だったのですが。男子児童に「また泣いてる」とからかわれていたところを見ると、普段からよく涙を流す感受性豊かな先生なのかもしれません。からかった男の子も、しーんとした雰囲気を明るくしようと思ったのかもしれませんが。

 阪神・淡路大震災から17年だというのをニュースで見ても、子どもたちにとっては現実味がないかもしれません。東北の震災で今もなおそれまでの日常を取り戻せない人が多くおられるということを聞いても、離れた地に住んでいると、子どもたちは実感をもてずにいることと思います。
 だからこそ、お話と自分とを同一化させることのできる絵本の力が必要なんだと思うのです。
 悲しい社会の現実をも真摯に伝えてくれる。そこに、子どもたちが何かを感じとってくれるかもしれないから。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
1月号を配布中です。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。