スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1月にヒメと読んだ本(8才6カ月)

2012-02-04

 立春をむかえ、暦の上では「春」ですね。
さ~て、雛人形を出そうかしら

 ヒメの学校では今、誕生から現在までの写真を一年に一枚ずつ持ってくることが宿題になっています。
同時に、誕生したときの親の気持ちや、0~2歳、保育園・幼稚園時代どんな育ちをしていたかを、インタビューしてくるというのも課せられています。

 写真を印刷しヒメからインタビューを受けていると、誕生時の思い出も数日前のことのようにはっきり思いだされる一方で、ここ数年のことは、ほとんど思いだせなかったり(^^ゞ
出産から3年は、時がゆっくり流れていっていました。
 いつ寝がえりをし、おすわりをし、言葉を話し、つかまり立ちをし、立って歩いたのか手に取るようにわかります。こんなふうに育児に対して没我状態だったからこそ、ストレスも多分に感じ、精神的に孤独にもなっていたわけですが、今となれば、それが自分を見つめなおす機会になり、なにより子どもの成長を目の前で見ることができたことは幸せだったのだと思います。

 この宿題は、先生がまとめて本のようにしてくれるとか。
ヒメの感想も書きこまれることでしょうから、楽しみにしていたいと思います。

いつものように、記録がてらに1月にヒメが読んだ本をメモ、メモ

『女トロルと8人の子どもたち~アイスランドの巨石ばなし』 (グズルン・ヘルガドッティル/作 ブリアン・ピルキングトン/絵 やまのうちきよこ/訳)
『うごいちゃだめ!』 (エリカ・シルヴァマン/ぶん S.D.シンドラー/え せなあいこ/やく)
『ねこのオーランドー』 (キャスリーン・ヘイル/作・画 脇明子/訳)
『しっぽ!』 (竹下文子/作 長野ともこ/絵)
『みにくいおひめさま』 (フィリス=マッギンリー/さく まさきるりこ/やく なかがわそうや/え)
『よるのさんぽ』 (たむらしげる/作)
『シロナガスクジラより大きいものっているの?』(ロバート・E・ウェルズ/さく せなあいこ/やく)
『しあわせの石のスープ』(ジョン・J.ミュース/さく・え 三木卓/やく)
『ぞうのババール~こどものころのおはなし』 (ジャン・ド・ブリュノフ/さく やがわすみこ/やく)
『ババールのしんこんりょこう』 (ジャン・ド・ブリュノフ/さく やがわすみこ/やく)
『ぞうのさんすう』 (ヘルメ・ハイネ/さく いとうひろし/やく)
『おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ』 (ジャンヌ・ロッシュ・マゾン/作 山口智子/やく 堀内誠一/え)
『のぞく』(天野祐吉/文 後藤田三朗/写真 大社玲子/絵)
『だいこんどのむかし』(渡辺節子/ぶん 二俣英五郎/え)
『たからものくらべ』(杉山亮/作 中西恵子/絵)
『スーザンのかくれんぼ』(ルイス・スロボドキン/作 やまぬしとしこ/訳)
『かもさんおとおり』(ロバート・マックロスキー/ぶん・え わたなべしげお/やく)
『すえっこOちゃん』(エディス=ウンネルスタッド/作 石井桃子/訳 ルイス=スロボドキン/画)
『とべバッタ』(田島征三/作)
『マジック・ツリーハウス』シリーズ(メアリー・ポープ・オズボーン/作  食野 雅子/絵)

なかでもお気に入りだった本たち・・

うごいちゃだめ!みにくいおひめさまおそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ (世界傑作童話シリーズ)のぞく (日本傑作絵本シリーズ)たからものくらべ (福音館創作童話シリーズ)すえっこOちゃんぞうのさんすう


 『かもさんおとおり』の絵本は、我が家にはありません。先日図書館に行った際に目についたので、数年ぶりに借りて帰り、机の上に置いていたら、ヒメが読んでいました。読み終えると、「これ、すっごいおもしろいね。ボストンに住みたくなった!」と声をあげている。2歳のときから大好きだった本。本人に言っても「え?読んでたの?」と、すっかり忘れています。子どもの記憶ってそんなもんなのかしら。思い出の本は買っておくといい、というのもそういうことなんだろうなあ。いまさらかもしれないけど、購入しよ
この絵本についての過去ログはコチラです。
かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 そして、ヒメのクラスの女子に大人気の「マジックツリーハウス」。
 先日映画も観に行ってきました。
 学校図書室でもつねに貸し出しされている状態。クラスのお友達の多くがシリーズのなんらかの本を持っているらしく、みんなで回し読みをしているそうです。
 たしかに、なかなかおもしろい本ですけど。
 なにより、口コミ力のすごさを感じる。8才でも、しっかり「女」なのよね~。小さいときから素地ができているってことでしょう。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
2月号完成! ただいま配布中です。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

先日はおつかれさまでした。
楽しかったね♪
またやりましょ☆

宿題おんなじのでてるね。
でもそちらのほうがやりやすくでてる。

うちはプリントどーんとわたされ8歳までの記録なのに写真貼る欄が4つしかなかったりひじょーにわかりにくい!

しかも二週間くらいあげるからおうちで仕上げてもってきてねー、みたいな。

ヒメちゃんの先生はちゃんと二年生にもできるようにだしてくれて。いい先生ね。

マジックツリーハウスいったんだー。

うちはひとまず予約したら5冊借りれたので遅ればせながらデビューいたしました。

No title

なおちゃん
先日は久々にマシンガントークで盛り上がって楽しかったわ。この宿題で、昔の写真を見ていたら、なおちゃんの娘っ子を含め、懐かしいのがたくさん出てきたわ。
あれから考えると大きくなったよね。
先生によって、宿題の出し方もかわってるんだね。写真4枚って、相当吟味しなきゃねえ~。
マジックツリーハウスは、男子にも人気なのかも。このまえ図書ボランティアに行ったら、3年男子に「いつも貸し出しだから補充してほしい」っていわれちゃったわ。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。