スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 しずかなおはなし

2012-02-28

しずかなおはなし  サムイル・マルシャーク/文  ウラジミル・レーベデフ/絵  うちだりさこ/訳
しずかなおはなし (世界傑作絵本シリーズ―ソビエトの絵本)しずかなおはなし (世界傑作絵本シリーズ―ソビエトの絵本)
サムイル・マルシャーク ウラジミル・レーベデフ

福音館書店 1963-12-20
売り上げランキング : 123562

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
ちいさな こえで よむ おはなし。
そっと そっと そっと・・・
はいいろの はりねずみたちの
しずかな しずかな おはなし。


とうさんと、かあさんと、ぼうやのはりねずみは、真夜中の暗い道を散歩に出かけた。
二匹のおおかみが、はりねずみの家族を見つけて、こっそりとしのびよった。
はりねずみたちは、丸くなって針を逆立てた。
とうさんと、かあさんは、おおかみの足に針をたて、おおかみは飛びのいて悲鳴をあげた。

そこへ、鉄砲の音が響き、犬が吠えた。
おおかみたちは驚き、逃げて行った。

はりねずみの家族は森のうちに帰りついた。

<はじめて読んだ2才10ヶ月のヒメの反応>
「ちいさい声で読まなきゃいけないんだね」と、言いながら、おおかみが襲ってくるところでも、小声で「こわいねえ」と体をくっつけて一緒に読んでいました。
どれが、はりねずみのお父さんとお母さんかを予想するのが好きでした。

<おすすめポイント>
ブルーグレーの表紙、中表紙には、枯れ葉の絵。ソビエトの秋の夜のお話しです。
「ちいさなこえで」「そっとよむ」という冒頭の文章からして、声をひそめながら、本を間に子どもと体を密着させて読むのに最適。
声に出すと、言葉のリズムのよさを実感し、その静かな世界に引き込まれていきます。
おとうさんとおかあさんと、ぼうやのはりねずみの家族。
襲ってくるのは、夫婦のおおかみ。
はりねずみの立場からしたら、おおかみはとても怖い。
でも、銃声を聞いて去っていくときの二匹のおおかみの会話が滑稽で、この会話のおかげで、張り詰めた場面がふと和らぐ感じです。
結末はほっとするハッピーエンド。
ロシアの詩人マルシャークの詩に挿絵をつけた絵本。

<現在8才7ヶ月のヒメの反応>
2歳の頃と同じように、「これがお父さんで、これがお母さんだな」とはりねずみを指さして言っていました。6年たっても同じことをしている
「じっとしておいで。うごかないで。おおかみたちはわるいやつ。ゆだんをしてはいけないよ!」の場面にこわばっています。

<まつりかの感想>
色も絵も地味だし、お話も静か。なかなか手に取りにくい絵本かもしれません。
実際、子どもの反応もそんなに得られるわけでもないのだけれど、どこか気になる絵本でもあります。
家族が一緒にいるあたたかさ、危険なことから親がしっかり守ってあげ、子どもも親を信頼していることに、聞いている子どもは、おとうさんやおかあさんに自分が守られている安心感につつまれることでしょう。

本棚にあるけれど、ほとんど読まれる出番がないものもたくさんあります。
実はこれもその一冊(^^ゞ
ヒメ自らは手にとりません。
楽しくて愉快な本ばかりでなく、こんな絵本も時々読んであげると、絵本タイムも深まりをみせるような気がします。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
3月号をただいま編集作業中です。
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そう書かれると内容気になりますね。

最近はネットで適当に調べて
図書館で予約して絵本借りていると、
二歳児には難しすぎたりと外れることがよくあるので
他の紹介されてる本も参考にさせていただきます(^o^)/

No title

aosoraさん
コメントありがとうございます!
この絵本うちの子にいいかも?と思っても、期待した反応が得られないことってよくあります(^^ゞ
でも、すぐに反応が得られるものが、子どもにとってのいい本というわけでもないと思うので。
長い目で見ていくのがいいのかなあ?って思います。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。