スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 はじめてのおつかい

2006-04-12

はじめてのおつかい 筒井頼子/文 林明子/絵
はじめてのおつかいはじめてのおつかい
筒井 頼子 林 明子

福音館書店 1977-04
売り上げランキング : 6,896

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>5歳のみいちゃんは、おかあさんにあかちゃんの牛乳をひとりで買いに行くように、おつかいを頼まれます。みいちゃんは、坂道をかけのぼろうとして転んでしまいます。その拍子に手に握っていた2つの100円玉が転がってしまいます。ひざをすりむいた痛みに耐えてなんとかお金を見つけると、お店に一目散。でも店にはだれもいません。「ぎゅうにゅうください」と言うものの、声が小さくて聞こえなかったり車の音に遮られたり、あとから来る買い物客に先を越され・・・でもなんとか買い物をすませると、坂の下ではお母さんが赤ちゃんを抱っこして出迎えてくれました。

<初めて読んだ1才11ヶ月当時のヒメの反応>「ぎゅうにゅう ください」を声に出していました。坂道で転んでしまう絵をみて、「痛い?」と心配したり、たばこを買う黒いめがねのおじさんを恐がってみたり。

<おすすめポイント>5歳の少女の不安と責任感と、買い物を終えてお母さんに会ったときにようやく開放される緊張感など、少女の心理変化が伝わってくるストーリー展開。そして、林明子さんの絵。みいちゃんのお母さんが赤ちゃんのお世話と家事とでてんてこ舞いな様子、看板や張り紙の文字、隣近所のうちの中など直接ストーリーとは関係ない部分もしっかりかかれていて、隠し絵を発見する楽しさもあります。(例;「ねこをさがしています」の張り紙に描かれているとら猫・・・発見しました。友達のともちゃんと出くわして立ち話をしているページで、塀の上を歩いています。なんだか妙にうれしい
昭和40年代の住宅街の様子がリアルに描かれています。そしてなにより、人物描写がすばらしい。みいちゃんの心細い様子、おかあさんが心配そうに見送る表情など、絵を見ているだけで感情移入できます。

<現在2歳9ヶ月のヒメの反応>最近のヒメは、ぬいぐるみをタオルでくるんで抱っこしたり、ミルクを飲ませる真似をしたりと、お世話好き。周囲が第二子出産ラッシュで、赤ちゃんを見る機会が多いからかもしれません。ですから、このお話が、赤ちゃんの牛乳を買ってくるためにおつかいにいくという内容で、しかも赤ちゃんがベッドで泣いている絵を見て「早く買いにいって。おなかすいてる。泣いてる」と。以前と同じく「ぎゅうにゅうください」のフレーズは大好きですし、坂道で転んで怪我をするところでも心配そうに展開を眺めていますが、最後にお母さんが赤ちゃんを抱っこして迎えてくれるところと、裏表紙で、みいちゃんが膝の怪我の手当てをしてもらいながら、赤ちゃんが一緒に牛乳を飲む絵を見て、「よかったね~」と言っています。

<まつりかの感想>
林明子さんの描く少女の絵は、どうしてこうもリアルで愛らしくせつない気持ちにさせるんでしょう。この本のみいちゃんも、お母さんのために役に立ちたいという思いやりと、幼いながらの責任感を持ち、同時に胸いっぱいに広がる不安と戦いながら、おつかいをまっとうする姿。緊張がほぐれて涙を流し、お母さんの元に帰ってほっとしながらも達成感に溢れている様子。
もちろん筒井さんのストーリーのすばらしさもあるのですが、この絵なくしてこの本はありえないと思うのです。

<林明子さんの魅力>絵本ナビに、この本の英語版発売記念スペシャル企画として、林先生が読者の質問に直筆で答えていらっしゃいます。⇒(http://www.ehonnavi.net/akikohayashi_QA.asp)これを読むと、この本のトリビア的なものに「へえ~~」と感心し、また林先生の優しい人物像に触れることができます。

商店がなくなり、大型スーパーやコンビニに変わる町並み。わたしは1970年生まれですから、この絵本にあるような風景がとても懐かしく、同じように親に頼まれておつかいにいったときの感情を思い起こせるのですが、今の子供たちをとりまく環境は・・・・5歳の子を一人で歩かせるのも不安、買い物にいっても「これください」といわなくても、会話などしなくても用事をすませられます。心の通い合うものが少なくなってきている社会を憂います。
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おふろだいすき

『おふろだいすき』おすすめ度ジャンル:面白い読んであげるなら4歳~自分で読むなら小学校低学年~女の子が主人公の林さんの絵本が多いなか、この作品は男の子が主人公の

寝る前の読み聞かせ おすすめ絵本♪

寝る前に必ず読んであげる絵本大きくなるにつれて、寝る時間が遅くなるので8時までに布団にはいったら、長いやつ読んであげる~9時まわると、めっちゃ短い本やで~(小学生

コメントの投稿

非公開コメント

絵本ナビのインタビュー、楽しいですよね^^
あれを読んでから絵本を読むと、また違う楽しさが生まれました。
林さんの絵は本当に日本の作家さんでは一番好きかもしれません。
登場人物があちこちでゲスト出演しているのを探す楽しみもあって、にくい演出ですよね♪
この作品も、主人公に感情移入して、一緒にドキドキしたり、ほっとしたり出来る
子どもたちには必ず読ませたい一冊です^^

新歌さん
そうですね。ゲスト出演しているのを探すとホントに楽しい。だからついつい林明子さんの本は購入して手元にずっとおいておきたくなります。

絵本ナビにこんなインタビュー記事があるとは!!素敵な発見ができました。ありがとうございます。
何だかとっても嬉しい気分になりました。
林さんのイラストって、物語だけでなく、ちょっとした絵探し的な要素も隠されているのが楽しいですよね。

はじめまして!「はじめてのおつかい」について私もちょうど書いたところだったので、しかも同じスキン!思わずコメントさせていただきました。
絵本ナビの紹介ありがとうございました。とってもステキなものに出会えて嬉しいです♪
家の横が図書館なので、よく借りるのですが、ほんと林明子先生の絵本は手元に置いときたくて購入します♪子供にも読んでもらいたいですが、私自身も何度も読みたくなります(^^♪

京女さん
わたしもこのインタビュー記事を読んだときは感激でした。すごく作家さんとの距離が縮まった感じがして。

yunyunさん
はじめまして。ホントに偶然!うれしくなっちゃいました。図書館がお隣なんていい環境で羨ましいなあ。私は駐車料金払ってまで行っています。う~~でも、読みたい本いっぱいあるし・・・では、また遊びにきてくださいね。

エラーが発生しました。

テレビのはじめてのおつかいいっつも
楽しみにしてて
頑張ってる姿がかわいいですよね
やりおえたあとの達成感や充実感
あじあわせてやりたいですよね
でもこわい世の中ですもんね

ふぃーささん
この本がきっかけで、あの番組ができたんですよね?達成感や充実感を味わった経験のある子は、自分に自信をもち、人にも優しくなれるんだろうなって思いません?

絵本のように『おつかい』行かせてあげたいけど、本当に今は1人では出せなくなって
しまいましたよね。
我が家の子供も、この本は大好きです。

ma2の2maさん
牛乳パックをもって満面の笑みの表紙の女の子の顔がとっても印象的な本ですよね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。