スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 としょかんライオン

2012-10-15

としょかんライオン  ミシェル・ヌードセン/作 ケビン・ホークス/絵 福本友美子/訳
としょかんライオン (海外秀作絵本 17)としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル・ヌードセン ケビン・ホークス

岩崎書店 2007-04-20
売り上げランキング : 34389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
あるひ、としょかんに ライオンが はいってきました。
かしだしカウンターのよこをとおり、ずんずんあるいていきます。


あわてた図書館員のマクビーさんは、メリウェザー館長へ報告をしにいきます。
館長は、そのライオンが図書館のきまりを守っているなら、そのままでいいといいます。
しずかにできる、おぎょうぎのいいライオンなら図書館に来てもいいのです。

ライオンは、3時からはじまるお話の時間を楽しみにしています。
はじまるまでの時間、館長のお手伝いをしたり、子どもたちを背中にのせて高いところに手が届くようにしてあげたりしました。
「としょかんは ライオンがいなければやっていけないよね」と言われるくらいに、利用者にもかわいがられるようになりました。
ところが、図書館員のマクビーさんは、おもしろくありません。

ある日、館長がライオンに、一冊の本を貸出しカウンターに運んでもらおうと、棚のうえにあるその本をとろうと踏み台に乗ったところで倒れて動けなくなってしまいました。
ライオンは、マクビーさんを呼びに行きます。マクビーさんに気づいてもらうために、大声で叫びました。でも、それは、図書館のきまりを破ったことになったのです・・・・・

<はじめて読んだ5才0ヶ月のヒメの反応>
メリウェザー館長の規律に対する厳しさと、やさしさを感じるところが好きなようです。メリウェザー館長が、ライオンを走って出迎えに行くところに、体を揺らしながら「わくわくする」と言っていました。

<おすすめポイント>
図書館にライオンがやってくるというありえない展開に対し、静かにするという決まりが守れるのならライオンが図書館に来てもOKといわれるのです。
館長やマクビーさんの心理描写、真面目でやさしいライオンの姿が、とても魅力的に描かれています。
やさしいタッチの絵ながら、はっきりした構図と大型絵本で遠目が効くため、読み聞かせ会でもおすすめです。

<現在9才3ヶ月のヒメの反応>
久しぶりに「としょかんライオン読みたい」と持ってきました。読み終えて、「図書館にライオンがいたらいいかもね。背中にもたれて絵本を読んでみたい」と言っていました。
裏の見返しの絵には、図書館の門に2頭のライオンの像が描かれています。それを見て、「そうか、わかった!ライオンは、この銅像があるから入っていいって思ったんだ」と言っています。

<まつりかの感想>
ライオンが大声で吠えてしまったのは、館長が倒れたことを、マクビーさんに気づいてもらうため。だけど、ライオンは、約束を破ってしまったと図書館を去ってしまいます。何日も姿を現さないライオンを探すマクビーさん。そして、雨の日に図書館の入り口のガラスの扉を見つめるライオンをマクビーさんがみつけます。なんとかしてあげたい!という気持ちがぐっと入り込む場面なのではないかと思います。
そして、ライオンの気持ちを認めてあげるマクビーさんに、読み手も理解してもらえた喜びを持てるのです。

たまには、ちゃんとしたわけがあって、きまりをまもれないことだって あるんです。
いくら としょかんのきまりでもね。

この言葉で物語は結ばれています。
きまりを守ることは大切、だけど、理由があって守れないこともあるんだっていうことを理解できるには、子どもの社会経験値によるのかもしれません。

たとえば・・・・
5時にはうちに帰ってくるように!と約束しているのに、5時半に帰ってきた。なぜなら、友達がボールをなくしてしまい一緒に探していたから・・・
そんなとき、「約束は5時だったでしょ」というか、「遅かったね。それでボールは見つかったの?」というか。
最近、コーチングのお話を聞く機会があったので、この絵本を読みながら、そんなことも感じてしまいました。

ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
10月号を配布しています!
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

買っちゃった♪

今日別件で本屋さんに行った時、
「としょかんライオン」があったので買っちゃった♪

まだ読んでいないけど、
楽しみだわぁ。

息子にはまだ難しいかな??
でも最近少し長い絵本も最後まで読んでいるから大丈夫かな。

No title

ねこぱんださん
いつもコメントをありがとうございます♪
この本は、本当に素敵です。なが~く愛される本だと思います。小学校のよみきかせでも、みんなじっくり聞いてくれます。
まーちゃんの年齢ならどんな風に読んでくれるかなあ。また聞かせてくださいね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。