スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 きつねにょうぼう

2012-10-26

きつねにょうぼう  長谷川摂子/再話  片山健/絵
きつねにょうぼう (日本傑作絵本シリーズ)きつねにょうぼう (日本傑作絵本シリーズ)
長谷川 摂子 片山 健

福音館書店 1997-12-10
売り上げランキング : 185407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
むかし あるところに びんぼうな ひとりもんの男が あった。
シッポ シッポと あめのふる ばんがた
山の田んぼから かえってくると、
うしろから ついてくるのが ある。
ふりかえってみると、それは いとしげな わかい女だった。


その女は、男の妻になりやがて男の子がうまれ、「ててっこうじ」という名をつけた。
ある日、男が、山の田んぼに行くので、ててっこうじと一緒に後から昼飯を持って来てくれといった。
女は、昼まで機織りの仕事をしていたけれど、手を休めて目をあげると、窓の外に椿(つばき)が咲き誇っている。
それに見とれて我を忘れ、ふさふさのしっぽを出してしまい、きつねの正体を現してしまった。
それを、ててっこうじが見つけてしまったのだ。

<はじめて読んだ7才11ヶ月のヒメの反応>
母がきつねとなり、ててっこうじを置いて山に戻っていく場面に泣いていました。
「ほんにかわいやててっこうじ」という母の歌がとても悲しいのだと。

<おすすめポイント>
油絵による見事な絵が圧巻です。とくに椿の花盛りの見開きの場面。この場面の文章は「そとは つばきの 花ざかり。」の一文のみ。
次のページには、女(母)が窓の外をながめている様子を描き、しばらく読み手にもうっとりさせながら、さらに次のページで、きつねの正体があらわれるという急展開に発展する。
「シッポ シッポとあめのふるばんがた」という表現や、会話文につかわれる方言もおっとりとやさしく「そうか。おまえさえその気だば、かかになってくれや」など、耳に心地よい。

<現在9才3ヶ月のヒメの反応>
「お母さんもきつねじゃない?どうしよう、きつねだったら」と言い、「置いていかないでね。きつねでも我慢するからいてね」と言っています。小3になっても、そんな甘えたことを言ってくれるんだ

<まつりかの感想>
人間と違う種類のものと、人間が結婚する説話を、異類婚姻譚といいます。
つるにょうぼうなどのお話もこの類です。
異類婚姻譚では、異類の姿を知ってしまうことで、結婚が破綻につながるのが原則となっていて、このきつねにょうぼうでも、正体を知られた女が去り、婚姻関係が破たんしたあと、女は農繁期に帰ってきて夫を助け、稲がよくみのり、残された男と子どもは幸せに楽に暮らせるようになる。
これは、きつねが昔から田の守り神、農耕の神とされていることに関係しているそうです。

それにしても切ない物語。
ヒメが涙するほどの、女(母)が、ててっこうじを思っての歌を引用しておきます。

「ほんに かわいや ててっこうじ かかは お山に かえるぞな
とんぼや ちょうちょを とってくうな きつねのお だてて いわれるな
きょうから かかは おらねども とと と おまえが まめなよに
かかが まもってやるすけに いっぺ まんまくって おおきくなれや
いっぺ あそんで おおきくなれや ほんに かわいや ててっこうじ」



ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
ただいま11月号を編集中!
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

異類婚姻譚

異類婚姻譚て、割と多いですよね。
で、正体が云々で、悲しい結末が多い…。

何で、ハッピィ・エンディングじゃないような話を
わざわざ多く作ったんだろう???
実際のところ、違う種類の動物との間には
婚姻関係はありえないでしょうに。
それとも、身分差の密かな比喩なのか。

子どもとか産んじゃった後だと
その子どものことが気がかりなパターンも多くて
哀れすぎる…。
この歌も、ヒメちゃん泣いちゃうよね。
哀しいもの…。

お母ちゃんは、どんな姿であっても、どんな正体であっても
お母ちゃんです。

コメントありがとうございます!

ふみさん
うれしい!コメントをいただきありがとうございました。
お返事がまたまた遅くて申し訳ありません。

異類婚姻譚、実際にあったらすごく怖いし、それにどのお話も切ない。

本来の理解とは違うけど、こんなふうに思って読むとおもしろいかも~って思うことが。
動物が美しい女性になって婚姻関係に。でも、途中で気づく・・ああ、幻想だった、やっぱり狐だったのか~なんて。
夫もわたしのことをそんなふうに思っているだろうか。実際は化け物だった~とかね。<m(__)m>
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。