スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 十万本の矢

2012-11-20

十万本の矢  唐 亜明/文  于 大武/絵
 
三国志絵本 十万本の矢 (大型絵本)
三国志絵本 十万本の矢 (大型絵本)唐 亜明 于 大武

岩波書店 1997-11-06
売り上げランキング : 426851


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
いまからおよそ千八百年まえ、中国の三国時代のこと。
魏、呉、蜀という三つの国が、天下をあらそっていました。


 蜀の軍師、諸葛孔明の才能に嫉妬をする、呉の軍師、周瑜が孔明に対して、魏の曹操を倒すために必要な弓矢十万本を10日以内に準備するように仕掛ける。

 それに対し、孔明は
「敵を目前にして、十日などと、のどかなことをいってはいられません。三日もあればじゅうぶんです。」
といいます。

 孔明はたった三日で十万本の矢を用意することができました。さて、どのようにして・・・?

<はじめて読んだ8才9か月のヒメの反応>
三国志DVDをみてまだ間もなかったせいもあり、人物相関にまだ???のようだったけど、わら人形に矢を打たせることで、十万本の矢を用意したということには、「頭いいねえ」と言っていました。

<おすすめポイント>
三国志の中でも、とくに熱い戦いとなる赤壁の戦い。周瑜が孔明に対し、「10日で矢を作れ」といった無理難題に、孔明の知恵で、3日で用意。天文術を得ているからこそ、霧の深い夜にわら人形を乗せた船で曹操軍のもとに行く。敵がよく見えない曹操は、とにかく矢を放つように指示。そして、わら人形にささった矢を持ち帰るという話。
「三国志正史」では、十万本の矢を集めたのは、周瑜とも、孫権ともいわれていますが、「三国志演義」の話では、諸葛孔明とされています。この絵本も、「三国志演義」に基づいて作られています。
薄くやわらかな中国の紙に工筆画という輪郭線の上に色彩を載せて描く、中国画の技法を用いた挿絵が横長の判型を存分に生かされ、とても美しいです。

<現在9才4ヶ月のヒメの反応>
この場面は、すっかり内容も覚えてしまうくらいにDVDでも大好き。映像で先にイメージができてしまっていますが、また違った魅力を絵本で見つけてくれたのでは。

<まつりかの感想>
かれこれ1年ちょっと、我が家の週末の夕食時は、三国志のDVDを見るのが定番になっています。
10年ちょっと前になってしまいますが、まだヒメも産まれていませんでしたが、当時夫の駐在で3年ほど北京に住んでいました。
いろいろ中国国内の旅行を楽しみましたが、駐在妻のお友達と2人で、三峡下りに行ったことがあるのです。
ああ、懐かしい!
三峡ダム建設が着工しはじめ、今後は水位があがるので、現風景はいまがラスト!ということで、あれは2000年だったと思いますが。
お友達は、三国志がすごく好きだったので、見るもの見るものに感激していたけど、当時の私は、にわかに予習をし、かろうじて劉備、関羽、張飛の3人を知った程度
ああ、今考えると実にもったいない。
いまなら、白帝城にも赤壁にも、荊州城にも思いをはせながら訪れるだろうに・・・
あれからダムが完成し、今はどうなっているのかしら?
三国志の世界をなんとなく理解できた今、家族で訪れてみたいものです。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
ついに12月号を編集中
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

No title

特別編集版の『レッドクリフ』もTV放送されたばかりでしたね♪
ま、『レッドクリフ』は、周瑜を話の中心に据えてますけども。

孔明の作戦って、どれも”目から鱗”と言うか、
”コロンブスの卵”チックと言うか、
面白いんですよね~~~。
その発想は、戦いの道具にのみ使われたんじゃなさそうな
伝説も結構好きです。

にしても!
若干小学生にして『三国志』の魅力に嵌るとはっ
渋いですねぇ。
私が吉川英治版『三国志』にド嵌りしたのは
高校生のときでしたもん。
早いわぁ~~~。
さすが、まつりかさんのおじょうさん♪♪

No title

史さん

こんばんは。
コメントをありがとうございます。
やっぱり史さんは、吉川英治を読んでいたのですねえ。
しかも高校生でか・・・
わたし、同じもので挫折してます(^_^.)
歴史小説がどうも苦手でして。
結局DVDを頼った自分が情けなく・・でもまあ、ヒメとも共有できたことだし、後々また小説に戻っていこうかな。

映画レッドクリフは、三国志正史をもとに作られていると聞いたことが。それでも、この映画で孔明役の金城武に魅了されてしまうわ~。

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。