スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 のりものいっぱい

2012-11-25

のりものいっぱい  柳原良平/作 
のりものいっぱいのりものいっぱい
柳原 良平

こぐま社 2003-01
売り上げランキング : 80355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>

じどうしゃ
タクシー
バス
パトカー
きゅうきゅうしゃ
しょうぼうしゃ
・・・・・
のりものいっぱい のりたいなー
いってきまーす


<はじめて読んだ1才3ヶ月のヒメの反応>
私が読むのに続けて言葉を発していました。乗り物についている目が気になるらしく「めめ」としつこく言っている・・と、当時の記録に書いてありました。

私「じどうしゃ」
ヒメ「じどうしゃ めめ」
のように、必ず「めめ」と指をさしながら言っていたのが思い出されます。

<おすすめポイント>
車、ひこうき、電車、船・・あらゆる乗りものが登場。どれにも、目が描かれていて、その表情がとてもユーモラスです。
どの乗り物も、進行方向を右に描かれているので、おのずとページを開くのが楽しみになるような構成となっています。
のりものいっぱい のりたいなー」の場面では、どの乗り物がいい?なんて会話がはずむ要素があります。

<現在9才4ヶ月のヒメの反応>
こちらもまた、読み聞かせ会にて使用しようと机に置いていたところ、手にしていました。
「タンクローリー、タグボートって、何か知ってる?」って聞いたところ、「知らない」ですって。
これらの見分けがつく小さい子ってすごいよね~と私が言うと、負けず嫌いのヒメは、辞書で調べていました。(タグボートは載っていなかったけど(^_^.))

<まつりかの感想>
先日、ママカフェサロンDE絵本にて、乗り物絵本を読んだのですが、こちらの絵本への子どもたちの食いつきぶりはすごいものがありました。「これはなんだろうね?」というと、「きゅうきゅうしゃ」「トラック」など、ちゃんと答えてくれる。そして、「モノレール」や、「タグボート」「きゃくせん」の場面になると、わからないなあという表情をしながら、私の言葉につづけて言ってくれます。
ある3歳のお子さんが「モノレール」を言えたので、「すごいね、モノレールを知っているなんて」というと、あとからお母さんが「この本が大好きだから、覚えているだけで、本物のモノレールは見たことないんですよ」と教えてくれました。

我が家は、女児ですので、この絵本は、購入していないのです。
ですから、読み聞かせ会で使用するときは、いつも図書館で借りるのですが、毎度破損した本が手に届きます。
今回もまた、修復テープだらけのものでした。
【要注意】この絵本、男児に渡すと、破られる(確率が高い・・かも)

赤ちゃん絵本こそ、購入したほうがいいですよねって思います。
ページを破ってしまったときに、お母さんたちは「うわ~」って思うじゃないですか。
そして、「ダメでしょ、破っちゃ!」って叱ってしまうでしょ。
叱られたら、赤ちゃんなりに、しょんぼりしちゃって絵本から遠ざかってしまうかもしれないしね。
わが子のために買った絵本なら、かじられようが、破られようが、それも時がたてば素敵な思い出になるのだから。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
月に一度、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けています。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちを届けられると嬉しいです。
ついに12月号を編集まっただ中!
掲示してくださる学校や児童館、学童、保育所、NPO団体などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

おひさまからの手紙」のメールアドレス ohisamakara@gmail.com
ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

ビニ本

我が家の男子ももれなくこの絵本が大好きだわ~
好きすぎて食べてたもんね。
今は多分まだひらがなは読めてないとは思うけど、
広げて「じどうしゃ」「たくしー」…と一丁前に読んでるよ。
覚えてるんだね。
でも「たぐぼーと」あたりにくると読めないから
全部「おふね」(笑)

ビニ本になっちゃったけど我が家の宝物でーす。

No title

ねこぱんださん
いやいや、この絵本を読むたびに、まーちゃんの顔を思い出す私です。
そして、例のビニ本もね。救急車のページがすごかったんだっけ?
万が一、まーちゃんがグレても、この本を見るだけで子どもを信頼できるような気がしない?本って、宝物になるね。

No title

これは男の子が喜びそうな絵本ですね。
残念ながら知りませんでした。
我が家の絵本はブックオフで買うことが多いです。
下の松谷みよ子さんの絵本は他の絵本とセットで、
長男の出産のお祝いで頂きました。
のせてのせて、おさじさん、好きだったなぁ。

No title

グリンデルさん
いつもありがとうございます。
父親が子どもに読み聞かせる絵本のことを知っている!というだけで、わたしは脱帽でございます。
「のせてのせて」「おさじさん」・・・・、うん、いまになってみてもやっぱり赤ちゃん期に読んでいてよかったなあと思える本です。こんなにやさしい語り口調、今ヒメにむけてできないもの(ー_ー)!!(毎日ガミガミ母さんです)
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。