スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ぼくおかあさんのこと

2006-04-16

ぼくおかあさんのこと 酒井駒子/作
ぼく おかあさんのこと…ぼく おかあさんのこと…
酒井 駒子

文溪堂 2000-05
売り上げランキング : 6,434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
うさぎのぼうやは、腕組みをして深刻そうな顔で椅子に座ったまま・・
ぼく おかあさんのこと
キライ 
だって ねぼすけなんだもの


朝起きておなかがすいているのに、起きてくれないおかあさんを恨めしそうに見ながら。
ねぼすけで、すぐ怒って、男の子には「はやくはやく」というくせに自分はゆっくりして、洗濯を忘れるし、園のお迎えも遅いし・・・

それから・・・それから・・・
ぼくとはけっこんできないっていうし

こんなお母さんはキライだから、家を出よう。さよなら・・と出て行ってしまいます。さて・・・?

<2才9ヶ月現在のヒメの反応>ぼくおかあさんのこと・・キライという展開に最初読んだとき「え~?嫌いなんだって」と目をぱちくり。何度も読むうちに、ぷいっと横を向いたウサギの男の子の顔を真似しながら大声で「キライ」というのを楽しんでいます。
男の子が「おかあさんさよなら」と出て行ってしまい、お母さんが心配そうにドアを見つめる場面では、泣きそうな顔をしながら「帰ってくるかな?」と。男の子がお母さんに抱きつく場面でを再現したがり、わざわざ部屋のドアの所からダッシュでかけてきて私に抱きついてくれます

<おすすめポイント>おかあさんのことが嫌いという、衝撃的な一文はその後の展開をわくわくさせてくれます。その後羅列される「嫌いな理由」は大人にとって耳が痛いことばかりで自らを反省しつつ・・。でも一番の理由は自分とは結婚できないからという、男の子を持つお母さんにとってはこれほど母親冥利につくことはないのでしょうか
また油絵の質感や、水色の背景にした絵は、ウサギの親子の内面がじんわり伝わってきます。

<まつりかの感想>
男の子にとっての母親は特別なんでしょうね。息子も娘も持つママがよく言う言葉・・「女の子は口が達者でませているけど、男の子っていつまでも純粋でかわいいのよね~~」と。それを聞くたびに、私も実感してみたいと羨ましくも思いますが。

ウサギのお母さんと男の子の絵の大きさに注目しました。ベッドで寝ている様子や、立ち話に夢中なお母さんは子どもには文句を言わせないぞというオーラさえ感じます。
 男の子は家を飛び出すもののボールをわざと忘れて行くのです。お母さんは、心配で寂しそうな顔を・・そして、戻ってきたわが子に安心しながらも、冷静に「忘れ物?」と尋ねるのもあっぱれ。
 それに対し「ボール忘れた」と。急にうちを出て行った自分をお母さんはちゃんと心配してくれてるか確認したくて、家に戻る理由としてボールを忘れていくという、なかなか知恵の働く、駆け引き上手な男の子。
 最後に「ぼくにまたあえてうれしい?」という男の子の愛情確認の言葉を聞いて「うれしいとも!」と答えるお母さん。お母さんはあくまでもベッドから離れず、抱きついてくる息子を微笑みながら受け止める絵は、読んでいて胸があつくなります。
関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

私も以前,このお話をブログで紹介しました。
男の子を持つ母としてはママと結婚できないといって怒るところがかわいかったりします。
TB挑戦したのですけど,2回とも失敗してしまいました。ざんね~ん
なのでURLだけ残していきますね。
よかったら見てね。
http://ehontoongakudaisuki.blog41.fc2.com/blog-entry-18.html

この絵本はけっこう衝撃を受けました。。。
特に、ベッドの上で悲しそうな表情をするお母さんのシーンはとくに…。
でもね、お母さんと結婚できないから拗ねてしまう男の子は本当にかわいくてしかたないです。
息子が「ぼくはママと結婚する」と言ってくれた時は「ママもする」と堂々と言ってます。。。
どうせ、思春期になったら好きなんて決して言ってくれませんから。。。かわいい彼女に夢中になっちゃうものですから。。。。
だから、今だけでも恋人気分を満喫するのだぁぁぁぁ!!

ともちゃん
記事拝見しましたよ。
いいなあ男の子のママは。ママと結婚できないっていうことは、パパをライバル視してるってことにもなるのかな?

京女さん
そうそう、いつかは好きな女の子ができるんですからね。「うちのおかん」なんて言われるんですよ(^。^)

この絵本も大好きです。
ほんっとうに可愛いですよね。
息子と重ね合わせて読んでしまいます。
こんな嬉しいことはなかなか言ってくれないんですけどねぇ。
この絵本、お母さんの描写も何だかリアルで心配になってしまいますよね。

私もTBさせてください。

新歌さん
TBありがとうございます。
男の子ってママが大好きですもんね。
「ママと結婚したい?」って逆に聞いてみて息子さんの愛情確認してみるのはどうでしょう?(*^_^*)

まつりかさん、こんにちは!
先日はご訪問下さって嬉しかったです♪

まつりかさんのレビュー素晴らしいです!
絵本を掘り下げているところ、とても参考になります。

酒井さんの絵本にはまりこんで何度も読み返しています。
「ぼくおかあさんのこと…」もいずれ感想書きますね。
男の子って「お母さん大好き!」って気持ちを体当たりでぶつけてくるので、本当に可愛かったです。
今や中3と小6…あの頃が懐かしいです(>_<)
娘はまた違ってその違いを今堪能しているところです。
ところで、まつりかさんの娘さんとうちの娘、同い年かしら?うちは2004年1月生まれですー。
私もまつりかさんと同い年のようです(*^-^*)
とても親近感を感じております。

昨日BlogPeopleからリンクさせていただきました。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

リサさん
うれしいコメントありがとうございます。
うちのヒメは2003年7月生まれですから学年は同じになりますね。
リサさんは中3のお子さんがいらっしゃるんですね。思春期の男の子を育てるのってどうなのかしら??未知の世界なので興味深深です。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。