スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ゆうかんなアイリーン

2013-01-13

ゆうかんなアイリーン  ウイリアム・スタイグ/作 おがわえつこ/訳
 
ゆうかんなアイリーンゆうかんなアイリーン
ウィリアム スタイグ おがわ えつこ

セーラー出版 1988-12
売り上げランキング : 59104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
アイリーンのお母さんは、お屋敷の奥さまに頼まれて作ったドレスを、今夜中に届けなければなりません。
それなのに、お母さんは風邪をひいてしまって、元気がありません。
「わたしが とどけてあげる。」
「ムリよ。おやしきは とおいし、ようふくばこは おもいのよ。それに 雪が ふりだしたわ。


けれどもアイリーンは、一人で出かけていく決心をしました。
「雪 だいすき! おかあさんは ねてて」
おかあさんに薬をのませ、ベッドで休ませると、自分は防寒対策をばっちりに、ドレスも丁寧に洋服箱にいれて、吹雪の中を出かけて行きました。
風が、「ゴオッ ホォーム」と、うちへ帰れといっているかのように聞こえます。
とうとう、箱が手から離れ、ドレスは宙を舞いどこかへ飛んでいきました。
なんとか箱をつかまえたものの、アイリーンは、足をひねってしまい、歩くのもやっと。
日が暮れてきて、あたりは暗くなり、道に迷ってしまい、雪も膝までつもってきました。
もうだめかも・・・と思ったとき、眼下に、お屋敷の灯りを発見しましたが、足をすべらせ雪にうまってしまいました。
それでもなんとか這い出たアイリーン。
洋服箱をそりにして、お屋敷まですべりおります。
幸い風に飛んだドレスが木にひっかかっていたのを見つけ、それを箱にしまって、いよいよお屋敷のドアをノックすると・・

<はじめて読んだ8才7ヶ月のヒメの反応>
アイリーンが風にたちむかっていく表情や、言葉に笑ったり、体に力をいれて構えたりしながら聞いていました。読後に、「こういうのを勇敢っていうのか~」って言っていました。

<おすすめポイント>
全編に流れるのは、娘の母に対する思いです。おかあさんがせっかく作ったドレスを、今夜のパーティーに間に合うようにお屋敷の奥さんに届けなきゃならないという切羽詰まった状況で、悪天候の中、ひとりで森を抜けていくのです。お母さんが心をこめて作ったものだから、それを無駄にはしたくないという気持ち。
風の音にも、大声で立ち向かい自分を奮い立たせ、くじけそうになったら、お母さんのことを思ってがんばる力に変えていく様子。それらのアイリーンの表情が生き生きと描かれています。
喜怒哀楽、すべてが込められている物語に、読後に感じる幸せな気持ちは最高です。

<現在9才6ヶ月のヒメの反応>
雪に埋まってなかなか抜け出せないアイリーンがいう言葉、
「このまま しんでしまったら、もう おかあさんに あえないんだ。やきたてのぱんみたいに いいにもいのしてた おかあさん」「そんなのやだ。」
の場面にくると、「がんばれ!」と声を出しています。

<まつりかの感想>
アイリーンの勇敢さを知ったヒメ。もしヒメが、この状況におかれたらどうする?・・なんて、聞いてみたい衝動にかられましたが、野暮な質問だと思ってやめました
この本に流れている母子の絆の部分を、子どもに試してみようと思うってことは、自分の子育てに自信がない証拠でしょうかね。

翌朝アイリーンを送ってきたお屋敷の人たちが、奥様からの手紙を携えています。
「アイリーンは すばらしい おこさんですよ。」と書かれた言葉を受けて
「でも そんなことは おかあさんが いちばんよく しっていたのです。」で結ばれています。
お母さんは、子どもをまるごと信じてあげているし、子どもは、おかあさんを心の支えに強くいられている。
こんな母子関係でありたいものです。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

tag : 読み聞かせ おひさまからのてがみ 絵本講師

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。