スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なぞなぞのすきな女の子

2013-02-12

なぞなぞのすきな女の子  松岡享子/作 大社玲子/絵
なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)
松岡 享子 大社 玲子

学習研究社 1973-02-10
売り上げランキング : 75063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな本?>
なぞなぞのすきな女の子は、毎日おかあさん相手になぞなぞをしていました。
とうとうある日おかあさんから、もうくたびれたので表へいって誰か別の人を探してやりなさい、と言われました。
なぞなぞ遊びをしてくれる相手を探しに森へ出かけると、オオカミに出会いました
オオカミは、おひるに食べる子どもを、探していたところでした。

女の子は、舌なめずりをしているオオカミに向かってなぞなぞを出します。
しっぽ ふとくて、口 ぱっくり。
しろい は ぎざぎざ とがってて、
まっかな したべろ ぺろりと たらし、
耳も くろけりゃ、 手も くろい。--なーんだ?


オオカミは答えが出せません。
女の子はオオカミに、難しい問題を考えるときには、頭に手をあてて目をつぶればいいのだといいました。
オオカミがいわれたとおりにすると、その隙に女の子はその場を逃げ出してうちに帰りました。

女の子は、森でオオカミに会ったことをおかあさんにいいます。
いっぽうオオカミは、頭に手をあて目をつぶったままの姿勢。
うさぎに声をかけられたので、女の子が出したなぞなぞのことを教えてあげると・・・・・

<はじめて読んだ6才3ヶ月のヒメの反応>
オオカミが登場する場面には終始息をのみながら聞いていました。
オオカミが考えた、答えが「女の子」というなぞなぞ、
「しろくて、やわらかくて、おいしいもの なあに?」
に、ヒメは「怖いこというねえ」と言いながらも、面白がっていました。

<おすすめポイント>
登場人物は、女の子と、そのおかあさん、オオカミ、ウサギの4人ですが、一場面に、登場するのは、二人だけ。
女の子+おかあさん女の子+オオカミ女の子+おかあさんオオカミ+ウサギ女の子+オオカミ、という場面展開です。

作者の松岡享子さんは、当時、指人形を手作りして文庫でお話をしておられたそうです。ある日、知人からいただいた、茶色のウール地でオオカミを作り、古いラクダ色のシャツで女の子とおかあさんを作りました。では、この3人を使ったお話を・・・というので、こちらのお話ができたのだそうです。

ですからお話のほとんどは、会話文です。一見おっとりしていそうだけど理髪な女の子の冴えた知恵で、まぬけなオオカミをもってやっつける内容が小気味いいです。

表表紙の見返しには、8つのなぞなぞ。裏表紙側の見返しには、その答えも書かれています。(けっこう難問)

<現在9才7ヶ月のヒメの反応>
「久しぶりに読んでみよ」と本棚から取り出し、一人で読んでいました。「この女の子、少しぽっちゃりしてて、おいしそうにみえる」だって。

<まつりかの感想>
絵本から幼年童話へ、そして、児童書への移行は難しいんだなあというのを実感しています。
読み聞かせから、一人読みの読書へということも。
ヒメは、本をそこに置いていたら手に取るという、本への抵抗はまったくないけれど、学校の図書室で借りてくる本は、場面がゲームのごとくかわっていくような展開の物語だったり。
ですから、今もヒメのための読み物も数冊借りてきて机にそっと置いておくことにしています。

脇明子さんの『読む力は生きる力』には、こんなことがかかれています。

映像メディア相手に育った子どもたちは、イメージを作る仕事は全部映像がやってくれますから、自前のイメージを作ることができません。そのために、絵本なら楽しめても、絵がなくなると立ち往生してしまうのです。そうなると、本を手にとる場合でも、なるべく絵が多いものを選びがちで、絵を手がかりに物語の世界に入り込んで楽しむのではなく、絵を次々に見て、せいぜいその説明として文字を読むだけになります。


 この「なぞなぞのすきな女の子」は、文章量はあっても、各ページに挿絵もあり、絵に頼って物語を楽しむことができます。もちろん、書き込みすぎてあるような絵ではなくあくまでも挿絵であり、物語の力で牽引していってくれるという点では、絵本から物語へという移行にいい本だといわれていることに納得です。
 大人が、挿絵に頼らずとも本が読めるのは、実体験の経験値があるからこそです。とはいえ、大人でも、読み進めていくエンジンが始動するための、最初の数ページには、時間がかかってしまいます。
そういう意味でも、子どもが絵にたよることなく、物語だけで想像をはたらかせるためには、最初に背中をおしてあげる力が必要なのかなという気もしています。

そうそう、今年、この「なぞなぞのすきな女の子」から40年のときを経て、「じゃんけんのすきな女の子」が出版されました。じゃんけんのすきな女の子 (キッズ文学館)
じゃんけんのすきな女の子 (キッズ文学館)
なにを決めるにもじゃんけんをする女の子のおはなし。なんと「なぞなぞのすきな女の子」の主人公とは、姉妹なんですって。お姉さんは、なぞなぞ好きで、妹はじゃんけん好きなんだなあ。おかあさんも、にぎやかな子どもたちの相手が大変だあ。こちらのお話には、お父さんも登場しています。


ブログ 『おひさまからの手紙』も、よろしくお願いします。
2011年5月~2012年12月まで、被災地のコドモタチに通信:『おひさまからの手紙』を届けていました。子供たちに元気と笑顔を届けたい!子供たちにそっと寄り添い、応援したい!そんな気持ちをこめて。
現在は、ブログ形式に移行しています。ご訪問お待ちしてます。
おひさまからの手紙」のメールアドレス 
ohisamakara@gmail.com

ブログパーツ
関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。