スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 たまごのあかちゃん

2006-04-29

たまごのあかちゃん 神沢利子/文 柳生弦一郎/絵
たまごのあかちゃんたまごのあかちゃん
神沢 利子

福音館書店 1993-02
売り上げランキング : 17,229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
たまごのなかで 
かくれんぼしている
あかちゃんはだあれ?
でておいでよ


その呼びかけに、次のページでは、卵の殻がわれて、

こんにちは
○○のあかちゃん
こんにちは


ひよこ、カメ、蛇などの赤ちゃんが出てきます。

<初めて読んだ11ヶ月当時のヒメの反応>リズミカルな呼びかけ言葉に反応していました。ぴいぴい、よちよち、にょろにょろといった擬音語も楽しんでいました。

<おすすめポイント>言葉のリズムのよさと「でておいでよ」というよびかけのあと、ページをめくって卵から何が飛び出してくるかの期待感。そして、その繰り返しが行われることで、卵の数や大きさの違いに、次の卵への想像が膨らみます。
柳生氏の色鮮やかなイラストが印象的です。

<現在2歳9ヶ月のヒメの反応>へびが卵から顔を出し、舌をだしていたり、大きく口を開けていたり、目を閉じていたり、いろんな表情のへびを楽しんでいます。またへびの卵が一つ割れていないことに気付いて「これ割れてない」と言っています。

<まつりかの感想>
「てでおいでよ」に対して、「○○のあかちゃんこんにちは」という繰り返し。うまれてきた赤ちゃんを「こんにちは」と優しく迎えるというのが、この絵本の魅力だと思います。

私はぜひみなさんの意見をおうかがいしたい事が2つあります。

①正直なところ、この絵があまり好きではありません。
確かに躍動感もあり、ユーモラスで、赤ちゃんの無邪気さを表されてはいるのですが。
赤ちゃんを物語るには少々大雑把で単純すぎる絵ではないかと・・・・

②もうひとつは、絵本の題「たまごのあかちゃん」についてです。にわとりあかちゃん、かめあかちゃん、へびあかちゃん・・この「」は??
文章をみると、「たまごの(なかで かくれんぼしている)あかちゃん」。つまり()↑の部分が省略されているということなのでしょうか?

関連記事

theme : 絵本ブログ
genre : 育児

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

残念ながら、絵本には詳しくないんですが…。
絵は、相性だと思います。
どんなに世間的評価が高くても、好きになれない絵もあれば、
ゴミみたいな言い方されてても、心引かれる絵もあります。
それは、人それぞれでいいと思うんです。
お嬢さんが好きならば、それでいいし、
ちょっと大きくなったときに、趣味と違う。と、
手に取らなくなってもいいんじゃないかなって思いますよ。
まつりかさんがお好きになれないなら、
無理なさる必要もないんじゃないかしら。
それと、
たまごのあかちゃんですが、
卵で生まれてくる赤ちゃんのグループってことかなって、
考えたりしました。
僭越ながら・・・。^^;

各務 史さん
コメントありがとうございます。
そうですね、それぞれの好みの違いですもんね。神沢さんの文章には、西巻茅子さんや山脇百合子さんなどの柔らかなタッチの絵が添えられた本が多かったもんで、なんとなく違和感を感じてしまったんですよ。
卵で生まれてくる赤ちゃんのグループ・・そうですね。なるほど。そうか、そうかもしれない。

お久しぶりです
こどもってなにかからでてくるのすっごいよろこびますよね
りっぷは今これなんですかぁ~?って聞いてくるのがうるさいくらいです・・
なんでも聞いてたしかめてどんどん名前をおぼえてるみたいです。

はじめまして。
新歌さんのブログから遊びに来ました^^
私の娘たちも、この絵本が大好きです!
リズミカルな文章が楽しいようです。
私も絵について、最初は、色使いとかあまり好みではなくて
どうかしら?と思ったんです。
でも、そんな風に感じているのは、大人の私だけ
娘たちは、この絵本のおもしろさに気づき楽しんでいました。
何度も読まされているうちに私も、この絵本のとりこになりました。
下の娘が、5ヶ月くらいに読んでから、しばらく読んでいないので
また1歳になった娘に読んでやりたくなりました。

ふぃーささん
子どもの語彙獲得能力ってほんとうにすごいですよね。
「これなに?」って聞いた後ちゃんとその新しい言葉を自分のものにしてるんだから。
この能力、今のわたしにあれば英語もなんなくしゃべれそうだが・・

nao-yuuka-ayuchan5さん
コメントありがとうございます。
大人の好みでばかり選んでると、子供が本当に好きなものを阻害しちゃう可能性ありますね。
「もこもこもこ」なんかも私は??って感じだったけど、子どもは大好き。
この本も、読めば読むほど味がでてくるかもしれません。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。