スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 うしろにいるのだあれ

2006-05-18

うしろにいるのだあれ ふくだとしお/作
うしろにいるのだあれうしろにいるのだあれ
ふくだ としお

新風舎 2003-02
売り上げランキング : 6,076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<どんな絵本?>
ぼくの うしろにいるのだあれ?
あっ かめくん
かめくんの うしろにいるのだあれ?
あっ ねこさん
ねこさんの うしろにいるのだあれ?・・・


次に出てくる動物の前足だったり鼻だったり、しっぽだったり・・ヒントが描かれています。
前にいるのは?上にいるのは?下にいるのは?と、どんどんたどっていくと、あれ?ぼく(犬)だ。
みんなちかくにいたんだね

<初めて読んだ11ヶ月のヒメの反応>犬、かめ、ねこ、ぞう・・など動物がたくさん出てくるのでそのつど指差しをし、早く次のページをめくろうと興奮しながら読んでいました。

<おすすめポイント>犬のうしろに亀、亀のうしろに猫、猫の後ろに象、象の前に鳥、鳥の上にリス・・・と、繰り返しのおもしろさがあります。
ヒントをたよりに次に出てくる動物をあてる楽しみがある遊び絵本
質感のあるタッチで動物が描かれているところや、動物の黒目の位置で、上下前後をあらわしているのもおもしろい。

<現在2歳10ヶ月のヒメの反応>動物のあてっこ以外に、最後のページに描かれているすべての動物の位置を確認して、また最初から読むというのを繰り返しています。

<まつりかの感想>愛子さまおきにいり絵本という帯につられ、動物の出てくる絵本が大すきなヒメにちょうどいいとおもい購入しました。
赤ちゃんのときは、動物そのものに関心が、1才後半になると、あてっこ遊びとして楽しみ、今は上下前後という方向に興味をもち、動物の大小や位置など、全体をみわたすことができるようになり、子どもの成長とともに違った楽しみができる本です。
「みんなちかくにいたんだね」という最後の言葉は、なんだかほっと温かい気持ちにさせてくれます。
ひとりじゃないよ、周りをみわたしてごらん、みんながいてくれるよと言ってくれているかのように。

関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この本、絵が可愛くていいですよね。
穏やかな気持ちにしてくれる絵です。
後ろだったり、下だったり、前だったり、上だったり、
視線をあちこちに動かしてくれるところも好きです。
そして♪
やっぱり全部の動物が出てくる最後のページが、
賑やかで、あったかで、最高です♪

各務史さん
ほんと、絵がとても可愛い。
私は「みみずく」が好きです。

この絵本は、たくさんの動物たちが出てきて
楽しいですよね^^
私たちも大好きです!
今度、下の娘のために借りてこようかな♪

nao-yuuka-ayuchan5さん
ぜひ借りてみてください。
きっとお子さんも喜ばれると思います。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。