スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 絵本講師プチデビュー

2006-06-23

以前から何度か記事にしているのですが、私は「絵本講師」という資格を持っています。
絵本講師とは、家庭での絵本の読み聞かせの大切さ、絵本で子育てをする楽しさを学び伝えるという活動をする人のことです。

というものの、今までは、このブログで娘への読み聞かせを実践していることの記録を公開することや、身近な友人に学んだことを伝えていく程度だったのですが・・・

市民館の会議室をとって、友人を招き、初めて「絵本講座」といえる形での講座を開くことができました。
1才~3才までの子連れ8組を前に、約一時間。

絵本とは何か。
いい絵本の選びかた。
読み聞かせの方法。
テレビやビデオの弊害。
読み聞かせのはぐくむものとは?
絵本で子育てすることの楽しさ。


実際に絵本の読み聞かせを取り入れたり、参考文献を紹介したりしながら↑このような内容をお話していきます。

最後にアンケートに答えてもらい、質問にお答えして講座は終了するのですが
参加者は友人ということもあり、非常に好意的。
熱心に耳を傾けてくれましたし、へえ~とか、ウンウンとか反応もしてくれるので、講座自体とても進めやすく、「勉強になったよ」「また聞きたいな」など、温かい言葉もかけてくれて、とても嬉しかったのです。

が・・・家に帰って、アンケートを見直してみると、
「絵本の選び方や、読み聞かせの仕方ということがわかって良かった」という感想は多いのですが、
「絵本の読み聞かせが親子の絆を深めてくれる」という肝心な部分での感想がなかったことに気付き、中心論点が十分に伝わっていなかったのかなあと残念でした。

人前で話すことにはそれほど抵抗を感じないので、頭が真っ白になって・・ということはなかったのですが、人の心に訴える話し方や間合いってものが欠けていたなと。
一方的に自分の言いたい事を言わせてもらいました~~~って感じの講座になってしまった気がします。
もっと、聴講してくださる人とのコミュニケーションを図りながら進めていくことを心がけようと・・

おっと・・・今日のブログは、反省文になってしまいました。

そこで皆さんにお願いがあります。
講座を開いたことのある方はもとより、講座を聞いていてよかったなあと思える話し方や、今まで受講した講座で感動し心に残っている講座とはどんなものだったのかなど、なんでもいいので、みなさんの思う、いい講座とは?ということでの意見や、アドバイスをいただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

まつりかさん、こんばんは~
「絵本講座」すごいですねえ!
絵本講師という資格があるなんで知りませんでしたよ~
私もまつりかさんの絵本講座に是非参加してみたいです!!
さて、今ふと思い出したことがありました。
参考になるかどうか?ですが、長谷川摂子さんの講演だったでしょうか?
イヤ違ったかな?
絵本の読み聞かせを、子どもは五感で感じ取って記憶している
というお話で、それは決して絵本の内容の記憶だけでなく
お母さん(読んでくれる人)の声や匂いや部屋の風景とか場所とか、
そういう記憶も一緒になって思い出に残ることが親子の絆に
つながるというような内容で、なるほど~と心に残ってます。
ちょっと言い回しは違ってるかもしれませんがね・・・



すごいですね~!
同じ神奈川在住なのでぜひ受講してみたいです。

参考になるかどうか、、、
私は絵本講座は受講したことがないのですが、
先日心理学講座を受講しました。

最初はお堅い話でどうかな、、と思っていた時に
すごくおもしろくって引き込まれたときがあって、
それは実例をいっぱい話してくれたことです。

実例があったことにより、より身近な内容になった感じがしましたよ。


アドバイスなんてできるかどうかしばらく考えてましたが
少しでもお役に立てれば・・・、と思ってコメントします。

以前保育園で受けた講座はまさに絵本についてでした。
講師の方は高知県では有名な絵本を普及されている方でした。
学校の図書館の本の選定なんかもしてらっしゃるそうです。
その方はなぜ絵本の魅力にとりつかれたのか、
絵本の世界に飛び込ませてくれた1冊を紹介してくれたり(エリック=カールの「たね」だそうです)
子供とどうやって絵本を読んでいったのかや、
その絵本好きの子供が大きくなってどんな子に成長しているのか
小学校の図書館の本の選定のお話や
今は絵本のショップもされていますが、そのショップに置く絵本の選定や
ショップでの読み聞かせの体験談なんかをされていました。
実体験を元にお話されていて、聞いていてあきませんでした。

始めは親のみの受講でお話を聞くだけでしたが
あとで子供が参加し、絵本の読み聞かせになったときは会場が和やかでとても楽しいひと時でした。

講師なんてすごいですね。
私は小心者なのでとても無理です(^^;)
私も聞きに行きたいところですが、高知県。残念です。
まつりかさんらしい素敵な講演会になりますように☆


はらぺーにょさん
長谷川摂子さんの講演・・わたしもぜひ行って見たいですね。
私も講座の中で、絵本を読んでもらったあたたかい記憶が、子どもの心を豊かにするということをお話するのですが、はらぺーにょさんがおっしゃっていくださった、「五感できいている」という言葉を次回使わせていただきたいと思いました。参考になりました。ありがとうございます。

りんごさん
神奈川県のどちらでしょう?
ぜひご縁があれば聞いていただきたいものです。りんごさんにも直接お会いしてみたいなあv-364
実例をあげて。なるぼどです。やはりエピソードなどまじえて聴講してくださる方に身近に感じてもらうのが大切なんでしょうね。
アドバイスありがとうございました。

うっちゃんさん
高知でご活躍中の講師のかたのお話、興味深いですね。経験をもとにお話されているところに説得力が増すのでしょうね。
私も保育つきで親のみを対象にした講座にしたいとのですが・・いずれそういう形でできればと思っています。
私も実は小心者なんですが、いざとなるととんでもなくずうずうしくなる性格でして・・勢いに任せて演台にたっています。
またご意見くださいね。ありがとうございました。

小学校で長年司書をされている方の講演がとても印象に残っています。
内容は、体験談・本と子どもの関係・絵本やお話について・・・でしたが、最初にちょっと自己紹介をしてから、「エパミナンダス」をお話してくれたのです。そこから前の内容に入っていきました。
この「エパミナンダス」がものすごい!
これで惹き込まれました。

絵本講師・・・あこがれですねぇ。
素敵です。これからも頑張ってくださいね!

ひとときさん
エパミナンダス・・・はじめて聞いたのでなんだ??と思って調べてみたら、「おはなしのろうそく」という読み聞かせ用の本の最初に掲載されている本の題なんですね。
とても興味があるので早速読んでみたいと思います。ありがとうございました。

裏方好き(選んだりレイアウトしたり)の私は、しゃべる方の仕事はできるだけパスしているのですが.....順序良く、わかりやすく、コミュニケーションを持ってしゃべるのって難しいですよね~(^◇^;)あ~、やっぱり私には、無理だぁ~(=^_^=)

絵本の良さを伝えるのに、私が一番効果的だなと思うのは、やっぱり....絵本をそのまま声に出して「子ども」にはもちろんですが、「大人」に読んであげることです!

おすすめの絵本を1冊読んで、その感想を来場者に聞いてみる。感想が的にぴったりあてはまっていればそこから広げればいいし、ちょっとはずれていれば、もどしてあげる.....。この絵本のココがイイなんて、おせっかいな話だけど、それを伝えなきゃわからない人もいますからね。

絵本って読んでもらうと、絵をじっくり楽しむことができるので、新たな発見がいっぱいあると思うんです。子どもの気持ちになって、絵本を楽しむ。読んでもらうことの楽しさを知るって、絵本を好きになる一番のきっかけになると思いますよ(^-^)


えーと、参考になればの話ですが、
前半は誰でも集中力があるのですが、後半はちょっと散漫しやすいのが一般的です。
なので、まつりかさんの言いたいことを後半にもってくるより、前半でお話された方がベターだと思いますよ。
あと、やはり、口調を変えたり、最後はQ&A方式にしたり、とギャラリーの集中力を維持する方法も必要かと思います。
私が今まで聞いた講座で、集中力が維持できたのは、講師の話す内容よりも、話し方がとても工夫されている講師の講座でした。
そして、やはり自分の体験に元づいた話って興味をもてますよね。分かりやすい言葉で、具体的なお話から、講師のもつ理論へと運んでいく…そんな話はとても記憶に残っています。
ごめんなさい。参考にならないかもしれないですね。

kayoさん
なるほど~~。わたしの講座でも全文読みきかせを3冊程度いれています。そうすると来場者は読み聞かせてもらう心地よさを実感されるんですよね。
ですが、感想をきくというところまではしていませんでした。いちど取り入れてみたいと思います。
絵本えらびには、kayoさんのブログも参考にさせてもらってるんですよ。これからもよろしくお願いします

京女さん
まさしくおっしゃるとおり。後半がまったりして、うまくクロージングできないんですよね。
話し方が工夫されている講座が印象にのこっていらっしゃるとのことですね。たしかにそうかもしれません。おなじ原稿でも人によっていい講座に仕上がるかどうか変わってきますよね。難しい言葉の羅列では共感を得ないってこと、今回感じました。大変参考になりました。ありがとうございます!!

ご訪問ありがとう。手芸講師なので今まで人前で随分話してきました。話し方の技術も色々ありますが、「情熱」があればまずクリアーかと思います。一番伝えたいことは案外シンプルです。感想に「絆を深める」がなかったとありましたが気にしないで良いのでは?感想の言葉になくても「絵本を親子で読む大切さ」は皆さんにきっと伝わっていますヨ。これからも前向きに楽しく取り組まれますように。(以上老婆心でした。)

kazumiさん
老婆心なんてとんでもない。ありがたいお言葉を頂戴してうれしく思います。
「情熱」・・・ですね。空回りしないようにこれが伝えられればいいのですが、なんだかやみくもに訴えてしまって聞いているほうは???って感じになってるんじゃないかとかいろいろ気にする小心者です。
またよかったら今後もご意見くださいね。

すごいすごい!
私も是非聞きたかったですよ~!

やはりまつりかさんの一番仰りたかったのは
親子の絆を強める、というところですよねぇ。
私も絵本について考えるときはまずそれなのですが
案外、皆さんはそうでもないのかなぁ?
絵本にそれを求めているわけではないのかしら?

そういうことも含めて、とても勉強になりました。
私が講演に求めること…やはりご自身の体験談をもとにしたものは
説得力もありますし、伝わってくると思います。
親子の、今のこの時期にしか出来ないことがあると
改めて考え直す機会にもなると思います。

何はともあれ、お疲れ様でした!まつりかさんのメッセージは
沢山の方の心に蓄えられていることでしょうね^^

新歌さん
ありがとうございます。
こうしてブログを通してご意見をいただけることで、どんなに励まされる事か。みなさんに感謝です。同時に、絵本が好き!という方は、本そのものはもちろん、読み聞かせをする楽しさ、聞いている子供の表情を見て、成長を喜ぶ楽しさを知っていらっしゃるんだろうなと思いました。
私が今絵本講師として活動を始めたのは、やはり今子育て真っ最中だからこそ訴えられるものがあるんじゃないかと思ったからです。これからもご意見をいただき、またご紹介されている本を参考にしてよりよい講座ができるように努めたいと思います。
また、今後もアドバイスしてくださいね。よろしくお願いします。

先日はブログにコメントありがとうございました。
絵本講師っていうものがあるんですね。
どうやったらなれるのですか?

絵本の読み聞かせが親子の絆と深めてくれるということに関してですが、
これは子供に絵本を読んでいるうちにだんだん実感されてくることなのかなと思います。
講座で絵本に関心を持ってくれて、家で絵本の読み聞かせを始めてくれれば大成功だと思いますよ。
すでに中学生になった長男ですが、今でも絵本のフレーズが口から出てきたりして、今になって小さい頃よりより絵本による絆を感じています。

めーべるさん
そうなんですよね。まずは読み聞かせをしてもらえればいいなって思うんですよね。ただ、多くの人が読み聞かせをすることで得られる語彙の獲得とか読書好きになるとかっていうことの成果を求める人が多いので、そんな効果を期待して読み聞かせをするものではないよということをおつたえしていこうと思っています。
絵本講師については一年間に5、6回セミナーに参加し、レポートを提出するということで得られます。過去の記事にも「絵本講師」のカテゴリーでかいているのでご覧になってくださいね。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。