スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 小学生は読書好き!?

2006-07-24

7月22日、日本経済新聞に
「小学生は読書好き!?」という見出しの記事がありました。

以下、記事内容を引用しますと・・

◆全国の公共図書館の貸し出し冊数が、1955年の調査開始以来、2004年度は過去最高になったことが、文部科学省の調査で分かった。

◆小学生一人当たりの貸出冊数は、18.7冊/年でこちらも過去最高を更新。
前回2001年度の調査に比べ、1.6冊増えたということ。

◆図書館で一度でも本を借りたことのある「登録者数」は、2001年度を312万人上回る3097万人となり、初めて3000万人を突破。
うち、小学生は同年度より44000人あまり多い、413万人。

全国の図書館数は2919館と、3年間で215館増え、図書館の整備も進んだ。


こどもの読書離れが指摘される中で、貸し出しが伸びていることについて、文部科学省の見解は以下のとおり。
朝の読書活動や、図書館司書が学校に出向いて読み聞かせをするなど、子どもを読書に向かわせる活動が少しずつ実を結んでいるのでは(調査企画課)

また、図書館関係者の声は、
※景気低迷で購入が減って貸し出しが増えたことに加え、「ハリーポッター」などの話題作の影響ではと。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 夏休みに入り、図書館や書店で小学生を多くみかけるようになりました。中でも、親と同伴で本選びをする姿をよく見ます。
 つまり、小学校低学年の子どもたちが多いのかな~いうのが私の感想。高学年になると、親と出かけず友達と遊ぶことが多くなるからでしょうか。友達同士で本選びをしている姿はあまり見かけないんですよね。とくに男の子・・・

 私はブログをはじめてから、絵本や児童書に関心をもっている多くの方とお知り合いになることができました。
 みなさんご自身のお子さんの年齢は様々ですが、小学生のママブログのなかには、読み聞かせボランティアをされているという方の記事を拝見することもあります。

 新聞記事を読んで、現代の小学生の読書実態はいかがなものか興味がわきました。
 もし小学生のお子さんをお持ちのママや、学校や図書館で読み聞かせの活動をされている方がいらっしゃいましたら教えてください。
 
 例えば・・・

 朝の読書運動って実際に行われているのですか?
 読み聞かせの会っていうのは、放課後に行われているんでしょうか?月何回くらい?
 学校の図書室と公共図書館どちらをよく利用していますか?また学校の図書室には司書の方がいらっしゃるのでしょうか?
 小学校での読書運動は盛んだとおもいますか?効果はあると思いますか?

などなど、なんでもいいので教えてくださいね。

 

関連記事

theme : オススメ☆絵本&児童書
genre : 育児

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本好きにするポイント

今週発売された『AERA』で興味を持った記事が掲載されました。「学力を伸ばす生活習慣」というというコンテンツの中に本が好きな子を育てるという箇所があり、そこで児童書ロングセラー『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』の作者で長く編集者をされていた斎藤惇....

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!
訪問してくださってありがとうございます。
我が家の子どもたちが通う小学校では、朝の読書の時間が週に2日くらいありますよ。
図書館にも司書さんがいらっしゃるようです。
全員なのかどうかはわかりませんが、少なくともうちの子たちは常に何かの本を図書館から借りている状態のようです。
この春転校したばかりなので、詳しいことはわかりませんが、読み聞かせも行なわれているようですよ。
私も本が大好きなので、公共の図書館にも子どもたちを連れて 週に一度くらいのペースで行きます。

上の娘は6年生ですが、本選びはやっぱり
私と一緒にするかなぁ。
あ、そうじゃないシリーズものも読んでたな。
ブログ同様、私はぺらぺら本の感想を喋るので、
影響されますよね、どうやったって。(悪母!)

朝の読書運動、してます。
週1くらいで、朝の読書があったような。
それと、1ヶ月に1回は、読み聞かせのボランティアさんが入ります。
読書週間を年に2回もうけて、(期間は2週間くらいだったかな)
その時には、毎日、ちょっと長めの休み時間に読み聞かせがあります。
勉強の資料として使うときには、図書室じゃないと
間に合わない部分がありますので、そちらを利用。
でも、学校で借りられる本は、一人1冊1週間
なので、
読み物の本は、図書館から借りることが多いですね。
オンラインも使えて、本を探したり、予約するのが容易という点でも、
図書館が勝っているかな。(学校もパソで管理してますが、
自分でどんどん使えるというわけじゃないので)
司書のかたは、今年からいらっしゃるようになりました。
学級文庫も、定期的にシャッフルして入れ替えてます。
図書ボランティアの人海戦略です。
効果のほどは…、どうでしょうか。
でも、割と図書室は賑わっている様な気もします。
長々書いてしまった。失礼しました!

朝ではありませんが、一時期「毎日読書」時間があったようです。
しかし、少ない時間に読んでも面白くないと長女は言っていました。

読み聞かせはあるようですが、月に1回あるかどうか・・・。
近所の小学校は毎週のようにあるようなのですが・・・。
(専用?の部屋があって、近くの幼稚園・保育園児もくるくらい)

学校の図書室には司書さんがいて、毎日ではなく、週3日しか開いていないようです。
あいているときは利用しますし、長い休みの前はまとめて借りてきますが、司書さんにうちの娘が紹介するくらい本がないようです・・・(笑)。

小学校での読書運動は、担任の先生の意識によりまったく違うと思われます。

長女の周りでは、本好きの女の子はそれなりにいるようですが、ハリポタは読めない・・という子が多かったです。
映画で見られるものは、本では読まないみたいです。

komatsumikanさん
早速訪問ありがとうございました。
転校されたばかりでお子さんもようやくなれてきたところなんですね。
週一ペースで公共図書館にも行かれているとはすばらしいですね。参考になりましたありがとうございました。そしてこれからもよろしくおねがいします。

各務 史さん
史さんのブログを拝見していると、お子さんの読んでいる本を把握されていて、一緒に楽しんでいらっしゃるようすがうかがえていい親子だなあって思っています。
学校図書室の貸し出しはそんなに少ないんですか・・利便性からいうとたしかに公共図書館のほうが勝りますね。
週一の朝の読書運動・・まあそんな感じなんでしょうね。毎日っていうと大変ですもんね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

ひとときさん
そうそう、ハリーポッターを本で読んでいる小学生ってどのくらいいるのか知りたかったんですよ。やはり映像に頼るほうが多いってこと知りました。
図書室も3日しかあいていないってのは寂しいですね。でもちゃんと司書さんがいらっしゃるんですか。ということは図書室での本並べに工夫がみられたりするのかしら?
担任の先生によって力の入れ方が違うって言うのもなるほどと思いました。とても参考になりました。ありがとうございました。

もう何年か前の話しですが。。。
私が小学校の実習をしていた時の話。
朝の読書週間はありましたよ!
1週間に1回だったかな。
その当時からありましたね。

今はどうなんだろう。
知り合いに教員がいるので、聞いてみますよ~

こんにちは。
次女が6年生です。
うちの子の学校図書館は、司書を兼任しているのがクラス担任を持った先生なので、忙しくできることが限られているようです。
ボランティアの保護者がおもに蔵書整理をしています。
とくに読書に力を入れているわけでもないので、本を借りる子は毎日のように図書室に入り浸り、借りない子は、全く図書室には近づかない、という現状です。
本読みは、毎休み時間に図書室で、ボランティアの手で行われていますが、これもやはり、図書館に来る子来ない子がはっきりしている(常連さん)ので、こういうことをしている、ということを知らない子も多いのだろうな、と思います。
読書週間のときだけ、まるで付け焼刃のように朝の読書などが行われたりしていますが、これだけでは、効果は???
それでも、学校の取り組みとは別に、クラスの中の数人の読書好きな子が持ち込んだ本が「おもしろい」と評判を呼び、クラスじゅうに広まり、貸し借りが行われたりして、学校や先生を置いてきぼりにして、それなりの文化(?)を築いているように思います。

あきさん
実習生経験がおありなんですね。
朝の読書運動が当時からあったということは、今も活動としては全国的に定着しているってことなんでしょうね。
またお知り合いに聞いてみてくださいね!
ちゃんと朝早くきて参加しているのかな??小学生は。

ぱせりさん
なるほど~~現状がとてもよく見えてきたきがします。
本好きの子がつくる文化・・・そうですね。私も幼少のころを思い出すと確かに口コミの威力ってすごい気がします。
ボランティアの方のお力が大きい図書室という姿・・・学校内部を外からの目で見れるいい機会でもあるかもしれませんね。
参考になりました。ありがとうございました。

再び、すみません。
まつりかさんのこの記事と、ニュースとで見て、違う視点から私もこのことについてブログにしました。
その際、まつりかさんのお名前をHP名を勝手に拝借しリンクしております。
事後承諾の形になりもうしわけありませんが、まずいようでしたらご連絡お願いします。

最後の質問に答えますね。
朝の読書運動:ウチの娘の通う小学校では毎朝行われていますよ。各自自分の好きな本を読んでいるそうです。
読み聞かせの会は同校では昼食の後の休み時間に行われています。月に1回、1回に2冊です。
学校の図書館には司書はいません。司書の資格をもった先生が図書担当になってますが、フルで活動できないので、図書のボランティアを父兄から募集しています。ただ、本の知識があるかどうかは不明。
学校図書と公的図書の利用は、私は公的図書館を利用しています。娘は半分ずつぐらいの割合かな。学校図書でも頻繁に借りているので。
どちらかというと、公的図書館では私の薦める本を借り、学校では自分の好きな本を借りている様子です。
ちなみに、公的図書館はとっても便利。私がタイトルがわからなくて、「こうこうこんな感じの本」と伝えれば、ちゃんと探し出してくれます。プロならではの姿勢に感激します。
同校(娘の)の読書活動はとても盛んです。というのも、校長が読書推薦派なので。校長先生は全校集会などがあると、まず読み聞かせからはじめています。
読書が盛んだとやはり、効果はそれなりにあると思いますよ。何より本へのプレッシャーがなく、気軽に本と触れ合えますよね。
ただ、やっぱり学校で読書をするのにも限界があると思います。
やはり、家に持ち帰ってからも読書に親しめる環境があってこそだと思います。
家庭と学校で両サイドからの相互作用が望ましいと思いますよ。

ひとときさん
とんでもないです。ありがとうございました。

京女さん
お嬢さんの通っている学校の読書推進活動には驚きですね。
ここにコメントをよせていただいた方の意見を聞いただけでも、学校や先生によっての温度差を感じます。
ボランティアの活動もさかんなようですし、読書の大切さを伝えるという取り組みは浸透しているようですね。
しかし、京女さんがおっしゃるように、家庭でのはたらきかけも重要なんだろうなって思います。
参考になりました。どうもありがとうございました。

はじめまして。
長女が小2です。
私の住んでいる区は、区全体で読書推進運動が盛んです。
うちの長女の小学校では、図書室だけでなく、廊下にも本棚が置いてあり、気軽に本に触れる機会が多いのが特徴です。
なので、よく本を借りている子が多いですが、長女はうちに沢山絵本があるため、学校では借りません。

図書館には絵本を探しに行っています。
近くに区で1番大きな図書館もあり、そちらでも週1で読み聞かせをしていますので、蔵書も豊富で、その図書館にない絵本も調べて別の同じ区内の図書館から送ってくれます。

また小学校では、図書司書の方や保護者のボランティアの方が図書室にみえています。
朝の読書タイムは週に1回あり、こども達は自分の好きな本を読んでいます。
だいたい20分程です。

また、読み聞かせは月1で担任以外の先生がされており、月2回ほど、私たち保護者が読み聞かせをしています。
保護者の読み聞かせのやり方は、クラスによって違うのですが、長女のクラスの保護者は、有志で集まった人で次回にどの絵本を読むかを話合います。
その中で私も活動しています。

また他のクラスですと、担任が全員の保護者が1年に1回は読み聞かせに来なければならないところもあったり、また別のクラスの担任が保護者の有志に次回はこのような感じの絵本をと、ある程度打診するクラスもあります。
同じ区の別の小学校でも保護者が読み聞かせをしているそうです。

また司書の方が学校の保護者会に出向いて、読み聞かせについて話をしに来られています。
「読み聞かせは本人が望むまでご家庭でも実践
してください。」
と言うようなことを全クラスを周って、話されていました。

長くなり、失礼いたしました。

アテナさん
そちらの地区全体の読書推進活動の熱のいれかたに驚きました。
学校レベルでなく地域全体でというところに一貫性を感じます。
こういう地道な活動が、この新聞記事のように貸し出し数アップにつながっているのかもしれませんね。
今後もご自身の読み聞かせ活動頑張ってくださいね。ご意見ありがとうございました。

TBをさせていただきました。
ありがとうございます。
プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。