FC2ブログ

 徒然に・・・「おいでませ。山口へ」

2007-08-05

前回に続いて、徒然記を・・
200708051102000.jpg
私とヒメは、実家に帰ってきました。
夏に帰省するのは二年ぶり。
わたしの実家は、山口県です。
高校生まで過ごしたこの町。
気づけば、私の人生、この町を出てからの方が長くなっています。

昔は、この町の繁華街も夏休みになればたくさんの人でにぎわっていたのに。郊外に大型ショッピングセンターができて、駅前の繁華街や商店街はさびれ、開かずのシャッター街も多く見受けられます。
都会に出て行ったまま戻ってこない人も多いのです。
働く場所や、戻ってきたくなる魅力が少なくなりつつあるのでしょうか。
実家に戻ってくるたびに、都市と地方との格差の大きさを、痛感するのです。

実は・・過日の参院選で、歴史的大敗をきしてしまった自民党総裁安倍晋三氏のお膝元は、この山口県。
伊藤博文以来、歴代8人の総理大臣を輩出していることが、県民の誇りだったりするんです。
安倍さんがんばれ
県民愛からどうしてもこう思ってしまいます。
世論はそうもいかないのかもしれませんが。

200708051129000.jpg10日ばかりここで過ごす予定です。
今住んでいる神奈川県では感じられない、山の色、海の香り、セミの鳴き声、土のにおい・・田舎ならではの自然のいろいろを感じられればいいな。(早速ヒメは、庭の木に止まっているセミに夢中になっています)



 徒然に・・「子どもと本を読む時間」

2007-08-01

久しぶりに絵本を離れて・・・ちょいと、ぼやかせてください。
最近ブログの更新が滞りがち。
なぜなぜ??
やらなければならない用事も多いし、暑さにやられてなんとなーくしんどくて、やる気がおこらないし。

でもね、一番の理由は・・・
絵本を読む量が減ってきているからなんです。

4 月からヒメが幼稚園に行くようになり、昼間の時間がない上に、寝る前の絵本タイムには、それまで4,5冊は読んでいたのに、毎日相当疲れているのか、1冊読み終わるか読み終わらないかで、眠りにつくことしばしば。
 そういえば昔いわれたことがあったなあ「幼稚園に入ると絵本を読む時間がなくなるよ」それをまさに実感しているところです。

夏休みに入って2週目に突入しました。
そして、あっというまに8月に入りました。
あと一ヶ月。
今週末から、私とヒメは、実家に帰省します。
今まで読めなかった分、ゆったりとした中で、絵本を読む時間が持てればいいな~と思っているところ。

 ヒメは幼稚園で先生に読んでもらったという、
『999ひきのきょうだい』『あらまっ!』『どうぞのいす』「これすっごいおもしろいんだよ。お母さんも読んだらいいよ」と紹介してくれます
 幼稚園で読んでもらっている本を、以外にも覚えているもんなんだと感心しています。(うちの幼稚園では、どんな絵本を読んだかの報告もないので、子どもの記憶だけが頼りなんです)
999ひきのきょうだい999ひきのきょうだい
木村 研 村上 康成

チャイルド本社 2005-05
売り上げランキング : 738353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あらまっ!あらまっ!
ケイト ラム Kate Lum Adrian Johnson

小学館 2004-05
売り上げランキング : 19786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
どうぞのいす (大きな大きな絵本)どうぞのいす (大きな大きな絵本)
香山 美子

チャイルド本社 2005-06
売り上げランキング : 329466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 子どもが出会う絵本やお話には、必ず声がついてきます。
それが親の声だったり、先生の声だったり・・その耳からの記憶と、読んでもらっているときの情景や、抱っこされながら読んでもらう感覚など、そこには、一人で黙読するのとは大きな違いがあります。
 ヒメが上の3冊を私に「おもしろいよ」と教えてくれたのも、それを読んでくれた先生の声や、一緒に聞いているクラスのお友達の反応など、読み聞かせてもらっている空間そのものを楽しいと感じられたからなんでしょう。
 
 たとえば、しばらく時間が経って1冊の絵本を手にしたときに、「これ見たことあるな」という記憶だけでなく、そこによみがえる声や匂いや温かさや情景がその絵本から湧き出るように感じられるという体験を、ヒメも私も共有できたらいいなと思っています。

 なかなか更新もできませんが、ぼちぼちいきたいと思っていますのでよろしくお願いします。




 「クワ太」の死

2007-03-17

20070317024033.jpg20070317024100.jpg20070317024128.jpg20070317024152.jpg
3月16日(金)。家族がひとり亡くなりました。
ひとり・・いや一匹。名前は「クワ太」

 昨年7月17日、我が家に舞い込んできた立派な♂のノコギリクワガタ。リビングの網戸にぶつかって脳震盪をおこしベランダでひっくり返っていたのです。
 ヒメが「クワガタ」とはっきり言えず、クワタといっているように聞こえるので、名前は「クワ太」に。
 その一週間後、近所のクヌギの木に止まっていたコクワガタを捕まえてきて、同じ虫かごの中へ。こちらの名前は、そのまま「コクワ」。
「クワ太」と「コクワ」は争うこともなく、うまく棲み分けていました。
 秋にはエンマコオロギを飼いました。こちらも夫とヒメが草原で♂3匹、♀3匹を捕まえてきたのです。(「だんまりこおろぎ」について書いた過去の記事に、コオロギの画像があります。ごらんください)コオロギたちは共食いや、寿命で11月末には全匹死んでしまいました。
 再び我が家は、クワガタ2匹だけになり、季節は冬に。普通ノコギリクワガタの成虫の寿命はひと夏限り(3~6ヶ月)といわれ、越冬はほとんどしないといわれています。年末年始、10日近く留守にしたときも、部屋の温度が低く乾燥するのでうだめかもしれない・・と思っていたけれど、それでも問題なく生き続け、食欲もありよく動いていました。
 朝晩、クワガタたちに声をかけるのが習慣になり、霧吹きをかけたりゼリーを変えたりとヒメもよくお世話をしていました。
 ある日、脚の動きがおかしく、歩き方がぎこちないので取り出してみると、フ節が無くなっている脚が3本もあったのです。弱弱しい動きのクワ太。
「この様子じゃ、あと一週間ぐらいで死ぬかもしれない・・・」そういった夫の言葉どおり、16日朝起きてみるとマットの上で死んでいました。
 覚悟はできていたとはいえ、かなりのショックでした。
 ところがヒメは・・「コクワは生きてるでしょ」となんだかあっけらかんとしている。これではいかん!死とはどういうことなのかどう説明したらいいのだろうか・・・
 うまく説明できず、ヒメを納得させられないままに17日(土)、休みの夫と3人で、コクワを捕まえたクヌギの木の下に穴を掘りました。クワ太が生きているときには、怖くて手にのせることができなかったヒメ。亡骸になってはじめて手のひらにのせて、背中をなでながら「クワ太バイバイ。いっぱい遊んでくれてありがとう」と言って穴に埋めました。
「クワ太がもういないよ~。さみしいよ。」突然思い出したように泣きだしたりして、ヒメなりに、生き物が死ぬということを理解できたのかもしれません。
「また夏になったら、コクワの友達探しに来ようね。コクワ寂しいから。」というヒメ。コクワの寿命は1~3年だそう。できるだけ長く生きて欲しいものです。

 昨夏クワガタを飼いはじめてから、文庫で何度も借りて読んでいたのがこちらの本。
のこぎりくわがた 相笠昌義/作
200703171357000.jpg年少版こどものとも101号(1985年8月1日発行)のもの。
 内容は、夜のこぎりくわがたがくぬぎの木に飛んできて、他の虫たちと木の蜜をなめている。舐め終わると、枝をどんどん歩いているとバランスをくずして落下。仰向けになって地面で気を失って動かない。足を動かしてもなかなか起き上がれず、爪を木にひっかけてようやく起き上がり、葉の中にもぐっていく・・・というもの。
 色鉛筆でかかれたクワガタの絵がリアル。ゼリーを食べるときににゅっとのびる口唇ひげや、目、裏返しになった姿など実物では見えにくいところも絵だとよくわかり、クワ太と比較しながら楽しんで読めました。残念ながらこの本、今は絶版のようですが、画家による丁寧な絵が魅力の本です。
 

 絵本のカバーでジグソーパズル

2007-01-31

 絵本には、カバーのついているものとついていないものとがありますが、ついている絵本の場合、そのカバーをどうしていますか?
 何度も読み聞かせをしているうちに、破れてきますし、ページをめくるときの邪魔になるので、私は最初からとっています。とったカバーはできるだけ保管しているのですが、紛失してしまったり処分しているものもあって今手元にあるのは15冊分程度ですが。
 
 先日、いわむらかずお絵本展に行き、『14ひきのぴくにっく』のジグソーパズルを購入(過去の記事をごらんください)。実は、ヒメにとって、このパズルが生まれて初めてのものでして。・・(^^ゞ。最初の二日間くらいは、難しいだの、わからないだの、おもしろくないだの・・と、全く興味をもっていなかったのに、一度完成させるとその面白さに目覚めたのか、今では私よりも早く完成させてしまいます。 すっかり覚えてしまっているので、新しいものを・・と思い、かといって市販のものを買うのも抵抗があり、手作りすることにしました。
 ところが、ふさわしいものが見つからない。去年のカレンダーも処分してしまったし、他にパズルにしてもいいような絵はないかしら・・・そこで、絵本のカバーの登場です。
 保管していた15冊分のカバーで、パズルに適していそうなものを探して最終的に選んだのは、こちら↓。
おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践によるおおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による
赤羽 末吉

福音館書店 1972-10
売り上げランキング : 19220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 200701301738000.jpg
20070131001551.jpg裏に厚紙をはって、カッターで切り抜いてできあがり。
しかし、あまり綺麗に切れていなかったり、形のとり方が下手なため、ヒメは悪戦苦闘の末、「これ難しい」といって、結局やり慣れた「14ひき~」のパズルに戻って行きました

絵本のカバーには、作者の解説や、出版社による絵本の内容などが書かれていることもあります。また、『14ひき~』シリーズのように、カバーと表紙の絵が違うというものもありますので、絵本の一部としてじっくりながめてみるのもいいかもしれません。
 ヒメがあかちゃんの頃、『いないいないばあ』(松谷みよ子、瀬川康男)の表紙と裏表紙のクマの絵を切り取り、のりで合わせて割り箸をつけて人形を作ったことがあります。いつのまにか、我が家から消えてなくなっていますけれど・・(どこにいったのか?)
 
 みなさん、カバーはどうしていらっしゃいますか?

 平仮名がマイブームです。

2007-01-26

ヒメは現在3才6ヶ月。
最近文字に興味を持ち始めて、自分の下の名前を書けるようにもなってきました。(象形文字のようにいびつですが)
自分の名前以外にも、身近な人の名前や物の文字を知りたくて、ひらがな表を持ってきては私に「教えて」というように。

そのため、絵本を読むときも、知っている文字を見つけたくて仕方がないようです。
「い」「か」「き」「く」「し」「た」「つ」「ま」「も」「り」
今のところ、わかっているのはこれだけ。ですからこれらの文字を探し見つけては喜んでいるのです。

 平仮名に興味があるのはいいのですが、困った事に、文字探しをしはじめると絵本の物語を楽しむことは二の次になっています。
 自分の気に入っている絵本を読むときは、集中して聞けるのですが、あまり興味のない本だと、文字探しに夢中になって、なかなかページをめくらせてくれないのです。

 文字も教えようとしているわけではないんですけどね。
一年くらい前から、お風呂場に何気なく貼っていたひらがな表。
今まで見向きもしなかったのに、突然興味を持ち始めて、湯船に使ってじっと表を見つめて知っている平仮名を指差して遊んでいます。

 みなさんのお子さんはいかがですか?
 文字に興味をもつようになった時期の読み聞かせは、どのようにされていましたか?
 また1人で絵本を読みたがるようになったのはいつ頃ですか?

 私は、絵本講座で「文字が読めるようになったからといって、子ども1人で読ませるのでなくて、大人が読み聞かせてあげてください」と言っています。
 読んでもらう心地よさというのは、1人で読むことでは得られないですからね。それに、文字を読むことで絵をじっくり見れなくなってしまいますし。 
 
 文字にばかり興味をもって絵本を聞こうとしないヒメに「ちゃんと聞きなさいよ」と注意してしまうのも、あまり良くないのかもしれませんね。
 こんなときにどうしているか、ぜひ皆さんのご意見をお聞かせください。



プロフィール

まつりか

Author:まつりか
img18701.gif

・まつりか
 現在は神奈川県在住ですが、転勤族のためいろんな方言が話せます。
 子どもが生まれてから、絵本の読み聞かせの楽しさにはまり、読書記録をつけていたものを形にしたいと思ってブログを立ち上げました。
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師として、絵本で子育てすることの大切さをつたえていく活動をしています。
・家族
 ♪サラリーマンの夫
 ♪2003年生まれの娘(12歳)・・結婚7年目で授かった 我が家のプリンセス。
 通称:ヒメ。小学6年生です。 

最近の記事+コメント
絵本ブログが集まっています♪

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
Amazon検索

with Ajax Amazon

カウント(18年8月~)
Twitter
リンクさせてもらってます
自分のサイトを登録 by BlogPeople
Amazonお買い得絵本
カレンダー(月別)
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の紹介本

講座のご依頼・お問合せはこちらでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

【絵本が好きな人へ】
アクセスランキング
ゴガクル